来島海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
来島海峡
Kurushimakaikyo Ohashi bridge from Mt.Kirosan.jpg
亀老山から望む来島海峡
来島海峡の位置(日本内)
来島海峡
来島海峡
来島海峡の位置(愛媛県内)
来島海峡
来島海峡
座標 北緯34度7分0秒 東経133度0分0秒 / 北緯34.11667度 東経133.00000度 / 34.11667; 133.00000
親水域 瀬戸内海
日本の旗 日本

来島海峡(くるしまかいきょう)は、愛媛県今治市とその沖の大島との間を隔て、水域においては西の斎灘(いつきなだ)と東の燧灘(ひうちなだ)とを隔てる瀬戸内海中部の海峡である。海峡は馬島武志島等の島により、来島ノ瀬戸、西水道、中水道、東水道の4つの狭水道に分けられる。潮の流れは時に10ノットに達し[1]鳴門海峡関門海峡とならび、日本三大急潮にあげられる。昔より「一に来島、二に鳴門、三と下って馬関瀬戸[2]と唄われる海の難所である。

付近一帯は瀬戸内海国立公園に属し、糸山公園(いとやまこうえん)を初めとする景勝地が点在する。大島の亀老山(きろうさん)山頂の展望台から見下ろす来島海峡の眺め、特に夕景は観光写真としてもよく使われる[3]

架橋[編集]

来島海峡大橋

海峡には来島海峡大橋が架けられている。西瀬戸自動車道として供用される本州四国連絡橋の尾道・今治ルート(通称:瀬戸内しまなみ海道)の一部である。大島・馬島間を来島海峡第一大橋、第二大橋、馬島・今治間を第三大橋が跨ぐ三連箱桁形式吊橋として世界初。第一~第三大橋を合計すると4105mの長さがある[4]

橋には自転車・歩行者道が併設され、海峡や通過する船舶を眺めながら徒歩(無料)で渡ることができる。ウォークイベント[5]も時折開催される。自動二輪車(有料)も通行可能であり、日常的に通勤や所用で利用する人も居る。

ライトアップは、主塔、桁、橋脚、アンカレイジは反射光、ケーブルは直接光である。景観照明としての設備設置は橋が観光資源となることを期待した周辺自治体の要望によるところが大きい[6]。副次的効果として、操船目標が増えて夜間の航行が容易になったとの指摘がある [7]

船舶の航行について[編集]

来島海峡海上交通センター

来島海峡は、国内外の大小さまざまな船舶が通過する。平成28年の海上保安庁通航船舶実態調査によると、通航隻数は1日平均429、約半数の226隻は貨物船等である[8]。見通しが悪い地形、速い潮流に加え、水道部下流に複雑な渦が形成され[9]、操船不能に陥ることもある[10]。また、春季には霧が発生しやすく、馬島周辺で局所的に視界50m以下になることも多い[11]

多くの船舶は狭水道部で一時的に減速した後、加速して航路を抜ける。一方、不慣れな操船者が不安定な舵や速力の調整をしたり、かつては、操船技術の高い全長約200mの大型船が全航路約22ノットを維持したまま通過するケースもあった[12]。1994~2003年10年間のデータでは来島海峡航行中に発生した100トン以上の船舶の乗揚海難事故は20件あり、馬島南東岸・今治東岸[13]、西航時[14]の発生が多い。

馬島小島の間を「西水道」、馬島と中渡島の間を「中水道」と呼び、大型船舶はどちらかを通航する。船舶の安全な通航を確保するため、潮流の流向によって通航する経路を変更する、「順中逆西」(じゅんちゅうぎゃくせい)[11][15]という特殊な航法によるよう、海上交通安全法に定められている。船が潮流に乗って航行する場合(順潮)の場合は短く屈曲の少ない中水道を、潮流に逆らって航行する場合は西水道を進むというものである。潮流の方向が北向きの場合は通常通り右側通行、南向きの場合は左側を通る形になり、こうした切替方式を採っているのは世界唯一。潮流の向きが変わる1時間以内に海峡に入るときには「転流時通報」をしなければならない。また、屈曲した狭い区間での原則追越し禁止や最低速力確保、速力制限のルールが設定されている[11]

船舶の安全な航行のため、来島海峡海上交通センターではレーダーにより航行状況の常時監視を行っている。海峡には大浜、津島、来島大角鼻、来島長瀬ノ鼻の4つの電光表示方式の潮流信号所が設置され、潮流の向きや流速等の情報を提供している。また、潮流放送とよばれるAM放送も実施されている。(潮流放送、電光掲示板式潮流信号所の詳細については、潮流放送の項を参照。)

来島海峡で最初に設けられた中渡島潮流信号所は、関門海峡の潮流信号所(部埼、台場鼻)[16]と共に1909年(明治42年)8月15日、業務を開始した[17]。昼間腕木式、夜間灯光式の潮流信号機を用いる歴史ある施設だったが、設置から103年後の2012年3月26日15時に廃止され[18]、中渡島灯台となった。ここで使用されていた日本最後の腕木式潮流信号機は2017年11月2日、今治港大型フェリーコンコースのモニュメントとなった[19]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 今治海上保安部. “うみまるの海知識Q&A”. 2018年8月23日閲覧。
  2. ^ 藤崎定久 (1977). 日本の古城3. 新人物往来社. p. 148. 
  3. ^ 例えば:公益社団法人今治地方観光協会. “絶景ポイント/大島 亀老山”. 2018年9月5日閲覧。
  4. ^ 古家和彦; 磯江浩; 帆足博明; 平野茂 (2003年9月). “芸予地震における動態観測と来島海峡第一大橋センタースティロッド破断に対する検証”. 鋼構造論文集 10 (39): 131-141. 
  5. ^ 例えば:本州四国連絡高速道路株式会社 (2017年10月17日). “「しまなみ縦走2018」の開催日のお知らせ”. 2018年9月6日閲覧。
  6. ^ 正林啓志; 中島国雄; 石川信人; 五十嵐一男; 唐沢宜典; 尾瀬淳 (1999年). “来島海峡大橋の橋梁照明設備”. 照明学会誌 83 (7): 467-468. 
  7. ^ 出谷襄次 (2002年6月). “内海水先人から見た来島海峡及びその周辺海域での船舶の航行状況について”. NAVIGATION (152): 14-19. 
  8. ^ 海上保安庁 (2017年). “平成28年海難の現況と対策 資料編”. 2018年9月1日閲覧。
  9. ^ 多田光男; 村山雄二郎; 沼野正義; 緒方純俊 (1999年3月). “来島海峡航路内での流動構造と船体挙動の観察”. 日木航海学会論文集 (100): 113-119. 
  10. ^ 坂本義人 (2002年6月). “来島海峡における通航船舶の状況”. NAVIGATION (152): 4-13. 
  11. ^ a b c 来島海峡海上交通センター. “来島海峡通航ガイド”. 2018年8月23日閲覧。
  12. ^ 田中隆博; 長澤明; 山田多津人; 山本淳 (2004年9月). “AISによる海上交通評価に関する研究-I”. 日木航海学会論文集 (111): 219-224. 
  13. ^ 安田克; 井上欣三; 臼井英夫; 広野康平 (2005年6月). “来島海峡航路における不安全操船状態の発生傾向と海難発生傾向との対応”. 日本航海学会論文集 (113): 4-13. 
  14. ^ 安田克; 冨久尾義孝; 井上欣三; 臼井英夫 (2006年3月). “来島海峡航路における乗揚海難発生率と不安全操船状態発生頻度との対応について”. 日本航海学会論文集 (114): 25-30. 
  15. ^ 多田光男 (1994年12月). “来島海峡の通航方法についての史的考察”. NAVIGATION (122): 55-62. 
  16. ^ 関門海峡海上交通センター. “関門海峡の潮流信号所”. 2018年9月8日閲覧。
  17. ^ 海上保安庁 (2012年). “中渡島潮流信号所 103年の歴史に幕”. 2018年9月8日閲覧。
  18. ^ 第六管区海上保安本部 (2012年3月6日). “来島海峡の潮流信号を全面変更!”. 2018年9月1日閲覧。
  19. ^ 腕木式潮流信号機復元 今治港でモニュメント除幕式 /愛媛”. 毎日新聞 (2017年11月3日). 2018年9月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]