広瀬裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひろせ ゆたか
広瀬 裕
本名 広瀬 和久
別名義 広瀬 匠
生年月日 (1962-08-04) 1962年8月4日(55歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
職業 俳優・声優
活動期間 1984年-
主な作品
1986年『超新星フラッシュマン
1988年『超獣戦隊ライブマン
1991年『鳥人戦隊ジェットマン
1993年『五星戦隊ダイレンジャー
1996年『勇者指令ダグオン』、『超光戦士シャンゼリオン

広瀬 裕(ひろせ ゆたか、1962年8月4日 - )は、日本俳優声優であり、芸能事務所オフィスカレント代表である。本名、広瀬 和久(ひろせ かずひさ)。東京都出身。

以前は東映アクションクラブ、東映俳優センター、須山オフィス、シーハートプロモーション、賢プロダクションに所属していた。身長175cm、体重65kg。特撮番組に出演していた頃のスリーサイズは94-73-88。

デビュー当時は本名を名乗っていたが、その後「広瀬匠」の芸名を名乗り、2000年より現在の「広瀬裕」に改めている。

概要[編集]

来歴[編集]

都内某高校を卒業後、東映アクションクラブ(9期生)に入門。当時、同じ研究生だった唐沢寿明(4期生)らと共に日夜稽古に明け暮れた。高校時代は体操選手だったことを活かしスタントマンを志望していたが、後に俳優にシフト。『超新星フラッシュマン』ではレー・ワンダ役で登場、その後も『超獣戦隊ライブマン』の月形剣史/Dr.ケンプなどスーパー戦隊シリーズの数々の敵役を演じ「美形悪役」として注目を浴びる。その中で『鳥人戦隊ジェットマン』第47話「帝王トランザの栄光」におけるトランザの最期のシーンは、子供番組とは思えないようなショッキングなもので、今もなおファンに語り継がれている。 『フラッシュマン』での共演から俳優・声優の中田譲治に兄事し、1996年にアニメ『勇者指令ダグオン』のライアン役を演じてからは声優としても活動するようになった。この他、Vシネマ『爆走トラッカー軍団』シリーズではアクション監督(広瀬和久名義)も務めるなど、幅広く活躍している。

2000年代以降は自らが設立した芸能事務所オフィスカレントの代表兼チーフマネージャーを務めており、俳優としての仕事は休止している。 現在は、撮影業務とマネジメント業務、映画専門学校の講師などを務めている。

エピソード[編集]

『フラッシュマン』で、当初ジン/レッドフラッシュ役の候補だったところを、メインプロデューサーの鈴木武幸が悪役側のレー・ワンダ役に抜擢し、彼の悪役人生が始まる。

白倉伸一郎プロデュース、井上敏樹が脚本に参加する特撮作品には何かと出演することが多かった。

戦隊シリーズなどで組んだ長石多可男については「公私共に一番お世話になった監督だが、演技については最も要求が厳しい監督だった。爆走トラッカー軍団では初のアクション監督として起用していただき、現在の私の活動の基礎になっています。」、東條昭平については「ぶっきらぼうな印象だけどわりと好きにやらせてくれる監督。自分の好きな話は東條監督が演出した作品が多かった。『ジェットマン』のヨダレの話(第47話『帝王トランザの栄光』)とかもそうですね」と後にそれぞれ述懐している。

また「自分が戦隊に出るたびナベ(渡辺勝也)が偉くなっている」とインタビューで指摘したことがある。確かに渡辺は広瀬がレギュラーで出演した『フラッシュマン』のサード助監督を皮切りに、『ライブマン』でセカンド助監督、『ジェットマン』でチーフ助監督、『ダイレンジャー』では監督と順調に出世している。

『勇者指令ダグオン』の監督がライブマンのファンであった事もあり監督からは当初、「ファイヤーエン/大道寺炎役にぜひ広瀬さんを起用したい」と推薦されていた。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 女教師・濡れたピアノの下で(1991年) - 大企業グループ会長の息子 役
  • 爆走トラッカー軍団シリーズ
    • 一発逆転!爆走トラッカー軍団(1992年) - 伊藤麻衣子の恋人 役
    • 爆走トラッカー軍団2 暴走族死闘篇(1992年) - 暴走族 役
    • 爆走トラッカー軍団4 なにわ(暴)遊侠伝(1993年) - ヤクザ信栄会の幹部 役
    • 爆走トラッカー軍団5 激闘!香港マフィアVS女トラッカー(1994年) - ラーメン屋・次郎 役
  • 奴隷獣 2000年

特撮[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]