工藤あかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くどう あかり
工藤 あかり
生年月日 (1998-11-01) 1998年11月1日(21歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県朝霞市
血液型 A型
職業子役女優
事務所 テアトルアカデミー
(2002 - 2011)
Takanoプロモーション
(2017年 - 現在)
テンプレートを表示

工藤 あかり(くどう あかり、1998年11月1日 - )は、日本女優。元子役テアトルアカデミーに所属していた。2017年よりTakanoプロモーション所属。

経歴・人物[編集]

埼玉県出身[1]。生後2歳で幼児雑誌のカットモデルをやったのが芸能界デビューである[1]

2005年にクレハの製品であるクレラップのコマーシャルキャラクター“おかっぱガール”として出演し、注目を集める[1][2]。クレハのCMには4年間出演したが[1][2]、その中で印象に残っているのは『桂文治(当時の芸名は2代目桂平治)さんと共演した作品』だったとのことである[2]

中学校2年まで声優や子役での活動を続けるが、学業専念のために一旦芸能界から離れ、猛勉強の末に慶應義塾女子高等学校に合格して進学[1][2]。高校時代は3年のときに慶應義塾高等学校・慶應義塾女子高等学校の両校楽友会で混声指揮者を務めた[3]

2017年に慶應義塾大学文学部に入学。[1][2]現在は3年在学中で社会学を専攻している[1]

慶應女子高時代に演劇の舞台に立ったことで『お芝居の楽しさに目覚めて』、大学進学後に学業に支障のない範囲で俳優として芸能界へ復帰し、舞台などに出演している[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

PV[編集]

雑誌[編集]

舞台[編集]

  • 仁淀川(芸術座
  • 夫婦漫才(芸術座)
  • 星屑たちのfootage1987(劇団 球)[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 高鍬真之「あの人は今こうしている 工藤あかりさん」『日刊ゲンダイ』第12776巻、日刊現代、2019年5月8日、 17頁。
  2. ^ a b c d e “クレラップCMに出演した子役・工藤あかり 慶応大学の2年生に”. 週刊FLASH(ライブドアニュース). LINE Corporation. (2018年11月11日). http://news.livedoor.com/article/detail/15579647/ 2019年5月8日閲覧。 
  3. ^ 慶應義塾高等学校・慶應義塾女子高等学校の両校楽友会 平成28年度役職紹介”. 楽友. 慶應義塾楽友会. 2019年5月8日閲覧。
  4. ^ 劇団 球第24球公演『星屑たちのfootage(フッテージ)』!満員御礼にて”. 劇団 球. 2019年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]