この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

川崎ひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川崎 ひかる
兵庫ディオーネ #24
川崎ひかる20140403.JPG
2014年4月3日 わかさスタジアム京都にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗 香川県
生年月日 (1992-05-28) 1992年5月28日(24歳)
身長
体重
167 cm
kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2011年度
初出場 2011年4月29日 シンデレラシリーズ第1戦 対京都 7回裏代打で出場。結果はサードゴロ。
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川崎 ひかる(かわさき ひかる、1992年5月28日 - )は、日本女子プロ野球選手。香川県出身。

経歴

野球を始めたきっかけは、幼稚園の年長位から2歳上の兄と3歳上の兄がやっていた野球に付いて行っていたことから。小学一年から財田ファイターズで軟式野球を始める。年次にはエースになるほか、ソフトボール投げで香川県記録を残す。和光中でも軟式野球を続け、サードとして活躍し、三豊・観音寺地区の大会で優勝した。丸亀城西高校ではソフトボールに転向。1年からレギュラーになり、3年次には主将を務め、国体の香川県選抜にも選ばれた。同年9月、女子プロ野球トライアウトを受験し、競争率17倍以上の難関を合格。経験の無い硬式球での守備に自信がなかったために投手として受験したが、兵庫スイングスマイリーズの監督・コーチらが走攻守を高く評価し、野手として合格が決定した。その後、12月のリーグコンベンションにて兵庫への加入が発表された。リーグ初の四国出身選手である[1][2][3]。一年目は、守備面の不安からレギュラーにこそなれなかったが、22試合に出場して打率3割7分、OPS.944と圧倒的な打撃力を見せ付けた。12月13日に、新球団大阪ブレイビーハニーズへの移籍が発表された。

プレースタイル・人物

  • 阪神の金本知憲選手のように華がありかつチームプレーに徹する選手が目標。左右どちらにも打ち分けられる広角打法、プラス、力強いバッティングに魅力を感じている。
  • 外野を守るのは大阪が初めてであった。
  • 自慢は低い良い声。
  • 2012年、目標にしている言葉は「報恩謝徳」。「一期一会」も好きな言葉である。
  • FUNKY MONKEY BABYSが大好きで、高校位からはまって、ずっと聴いている。
  • 前述した記録を持つ強肩が武器。

詳細情報

記録

背番号

  • 24 (2011年 - )

脚注

関連項目

外部リンク