岩間よいこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩間 よいこ
本名 岩崎佳い子
生年月日 (1985-04-10) 1985年4月10日(32歳)
出身地 愛知県名古屋市
最終学歴 南山大学(中退)
活動時期 2007年 -
同期 中村涼子オナジミチさかもとしろう、サギタリウス、西村深村、ガゼル、83幕府
配偶者  岩崎夏海[1]
公式サイト よいこチャンネル
受賞歴
着信御礼!ケータイ大喜利』(NHK総合)最優秀作品賞
岩間よいこ
人物
生誕 (1985-04-10) 1985年4月10日(32歳)
愛知県名古屋市
国籍 日本
公式サイト twitter.com/iwamayoiko
YouTube
活動期間 2014–present
ジャンル
登録者数 2,318 subscribers
(2017年2月)
総再生回数 423,491 views
(2017年2月)
事務所(MCN) 源氏山楼
関連人物

岩崎夏海

五島夕夏
チャンネル登録者数、総再生回数は2017年2月時点。
テンプレートを表示

岩間 よいこ(いわま よいこ、本名:岩崎佳い子、1985年4月10日 - )は、日本のYouTuber、元お笑いタレント

愛知県名古屋市出身。南山大学中退。

来歴[編集]

高校生のときにお笑いに目覚め、学生時代ははがき職人として活動する。大学は奨学金制度によって入学[1]。大学生のときに『着信御礼!ケータイ大喜利』(NHK総合テレビジョン)で最優秀作品賞受賞、日本で二人目の「殿堂オオギリーガー」となる。その後、地元・名古屋で行われたお笑いオーディションでネタ見せをしたことをきっかけに、本気でお笑いをやろうと決心し、芸人をめざして大学を中退し上京、ワタナベコメディスクールに5期生として入学する。同スクール卒業とともに、同期生だったあんいーぶん、ガゼル、坂本しろう、サギタリウス、西村深村と一緒にワタナベエンターテインメントに所属となった。

デビュー以来ピン芸人として活動して来たが、2009年2月より稲垣浩太郎との男女コンビ『ダイナマイトキャッツ』のメンバーとして活動[2]、主にツッコミ役を担当。ダイナマイトキャッツとして出場したキングオブコント2009では2回戦まで進出したが、2009年8月限りでダイナマイトキャッツは解散。この後、ワタナベコメディスクール同期生だった中村涼子(元・あんいーぶん)と『パルフェ』を結成、同年9月1日のライブ『ガールズガーデンフェスティバル2009』(東京都中野区・Studio twl)からパルフェとして活動を開始[3]

R-1ぐらんぷり2010では、準決勝まで進出。

2010年5月より、中野コメディエンヌのオープニングメンバーとして在籍。

2011年1月26日の「ミスアルプストークライブ 鯖折」を最後にパルフェ解散。その後は再びピンで活動[4]。しかしその後、自分には競争を勝ち抜く力が無いと判断してお笑いの活動を実質的に停止する(ただし、R-1ぐらんぷりには2014年大会まで出場[5])。その後、料理が得意なことと、酒好きでそれに合うおつまみを考えていきたいなどと思ったことから、栄養学を勉強するために栄養士の学校に入学、入学から2年後の2014年に栄養士免許を取得[1]

2012年1月、作家の岩崎夏海と結婚[1][6]。岩崎はワタナベコメディスクールの講師も務めており[7]、この時に知り合ったという関係でもあった。現在は岩崎が経営する会社に勤務[1]

芸風[編集]

ピン芸人としての主な芸風はコント。その中の一つとして、影ナレのボケに対して本人がつっこむというもの。影ナレの声はあらかじめ録音した本人のもの。ツッコミのフレーズに工夫があるものが多い。ニュースキャスター、女性医師携帯電話ショップの店員などの持ちキャラクターがあった。

この他には、周りで見かけた色々な人の物真似や、ラッパーに扮して、リズムに乗せてネタを演じるというもの、「クソいい話」がテーマのネタなどがあった。

ライブでは、自分のネタ以外ではあまり表情を変えないことが多かった。

出演番組[編集]

DVD[編集]

  • R-1ぐらんぷり2010DVDオリジナルセレクション門外不出の爆笑ネタ集!

電子書籍[編集]

  • 大喜利部(2012年2月25日-5月25日配信)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 岩間よいこの「一生懸命こだわらない」生き方”. 岩崎夏海のブロマガ「ハックルベリーに会いに行く」 (2014年10月24日). 2015年2月21日閲覧。
  2. ^ 『ょこたん☆ぶろぐ』2009年2月1日更新分で発表
  3. ^ 新コンビ『パルフェ』。”. 中村涼子のTHE挑戦。 (2009年8月31日). 2015年2月21日閲覧。
  4. ^ 最終回トークライブ鯖折”. おーたに日記 (2011年1月26日). 2015年2月21日閲覧。
  5. ^ R-1ぐらんぷり2014アーカイブ(2014年1月25日)
  6. ^ 「もしドラ」作家17歳年下お笑い芸人と結婚 日刊スポーツ 2012年1月27日。この時は結婚相手は非公開だったが、現在は公開している模様。
  7. ^ 講師のご紹介”. ワタナベコメディスクール. 2015年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]