岡田信一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡田信一郎
Okada Shinichiro's Portrait from Kenchiku Zasshi-No289.jpg
「建築雑誌第25輯第289號」より
生誕 1883年11月20日
東京府芝区(現・東京都港区
死没 1932年4月4日
東京市牛込区(現・東京都新宿区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
建築物 大阪市中央公会堂
明治生命館

岡田 信一郎(おかだ しんいちろう、1883年(明治16年)11月20日 - 1932年(昭和7年)4月4日)は、大正昭和初期に活躍した建築家である。大阪市中央公会堂(原案)や東京府美術館歌舞伎座明治生命館などの設計で知られる。

概要[編集]

東京帝国大学建築学科を卒業した後、東京美術学校(現・東京芸術大学)と早稲田大学で教壇に立ち、今和次郎今井兼次三井道男吉田五十八村田政真吉村順三ら多くの後進を育成した。

病弱なため外遊をする機会はなかったが、海外の建築雑誌等を通して近代建築の動向を把握し、優れた建築評論を執筆している。

設計作品には鉄筋コンクリートで和風意匠を表現した歌舞伎座、日本における西欧様式建築の最高傑作と評される明治生命館、イギリス風邸宅建築の鳩山一郎邸などがある。和洋を問わず、歴史的な建築様式を自在に用いた建築家である。理論面では新しい時代の建築表現を指向しながら、実作品では過去の様式を多用しており、モダニズム建築の立場から言行不一致と評されることもある[1]

明治建築の文化史的な意義を認め、関東大震災で大きな被害を受けたニコライ堂(コンドル設計)[2]日本赤十字社本社(妻木頼黄設計)などの修繕も行っている。

年表[編集]

主な作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大川三雄「様式美に進んで殉じた鬼才 岡田信一郎」(近江栄・藤森照信編『近代日本の異色建築家』朝日選書、1984年、p159)。
  2. ^ 『東京復活大聖堂 修復成聖記念誌』p80, 1998年5月17日、日本ハリストス正教会教団
  3. ^ 産業技術史資料データベース[1]
  4. ^ 『重要文化財日本ハリストス正教会教団復活大聖堂 (ニコライ堂) 保存修理工事報告書』
  5. ^ びわ湖大津館のサイトでは「東京歌舞伎座や明治生命館等を設計したことで有名な岡田建築事務所(岡田信一郎創設)」の設計としている[2]
  6. ^ 安藤更生『銀座細見』(1931年)。
  7. ^ 東京朝日新聞1917.6.28、8.21ほか。

参考文献[編集]

関連項目[編集]