岡田信一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田信一郎
Okada Shinichiro's Portrait from Kenchiku Zasshi-No289.jpg
「建築雑誌第25輯第289號」より
生誕 1883年11月20日
東京府芝区(現・東京都港区
死没 1932年4月4日
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
建築物 大阪市中央公会堂
明治生命館

岡田 信一郎(おかだ しんいちろう、1883年(明治16年)11月20日 - 1932年(昭和7年)4月4日)は、大正昭和初期に活躍した建築家である。

東京生まれ。東京高等師範学校附属中学校第一高等学校を経て、東京帝国大学卒業。東京美術学校(現・東京芸術大学)と早稲田大学で教壇に立ち、後進の指導に当たった。

和洋のデザインを問わず、歴史的な様式に従った建築を鉄筋コンクリートで建てることに定評があり、「様式の天才」と呼ばれた[1]

設計作品として、歌舞伎座、鳩山邸、明治生命館などがあり、関東大震災で倒壊したニコライ堂の鐘楼とドーム部分の再建も行っている[2]

経歴[編集]

主な作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ニコライ堂と日本の正教聖堂』(ユーラシア・ブックレット) p50, 東洋書店 (2012/10)、ISBN 9784864590662
  2. ^ 『東京復活大聖堂 修復成聖記念誌』p80, 1998年5月17日、日本ハリストス正教会教団
  3. ^ 『ニコライ堂と日本の正教聖堂』(ユーラシア・ブックレット) p51 - p53, 東洋書店 (2012/10)、ISBN 9784864590662

参考文献[編集]

関連項目[編集]