本野精吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本野精吾
生誕 1882年(明治15年)9月30日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1944-08-26) 1944年8月26日(61歳没)
日本の旗 日本 京都府
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学工科大学
職業 建築家
本野盛亨
受賞 従三位勲二等(1944年)
所属 京都高等工芸学校
建築物 西陣織物館
本野精吾自邸

本野 精吾(もとの せいご、1882年(明治15年)9月30日 - 1944年(昭和19年)8月26日)は、大正期から昭和初期にかけて京都を中心に活躍した建築家。日本におけるモダニズム建築の先駆者のひとり。

経歴[編集]

主な作品[編集]

旧 西陣織物館
旧 京都高等工芸学校本館
 建造物名 現況 所在地 指定 備考
/旧西陣織物館 現:京都市考古資料館 1914年(大正3年) 26京都市上京区 日本におけるモダニズム建築の先駆として知られる。
/本野精吾自邸 1924年(大正13年) 26京都市北区 中村鎮式コンクリートブロック造
/旧鶴巻邸 現:栗原眞純邸 1929年(昭和4年) 26京都市山科区 登録有形文化財 京都高等工芸学校校長・鶴巻鶴一邸として建てられた。
中村鎮式コンクリートブロック造
/京都高等工芸学校本館 現:京都工芸繊維大学3号館 1930年(昭和5年) 26京都市左京区 登録有形文化財
/橘丸などの客船の船内装飾

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「関西の近代建築」 石田潤一郎著、1996年、中央公論美術出版発行

外部リンク[編集]