伊藤正文 (建築家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 正文(いとうまさぶみ、1896年(明治29年)3月23日-1960年(昭12月3日)は昭和期に活動した建築家。大阪市立大学大阪市立美術館などの作品で知られる。

経歴[編集]

千葉県出身。1917年に早稲田大学建築学科を卒業。卒業後は大阪市技手、1919年に片岡建築事務所入所。1924年に大阪市土木部建築課に入る[1]。建築技師として大阪市の施設建設に当った。特に1934年の室戸台風では大阪市内にある木造校舎の多くが倒壊したため、RC造校舎での復興事業に従事した[2]。後に学位論文「小学校校舎の衛生に関する研究」をまとめている。

業務の傍ら、本野精吾上野伊三郎らと日本インターナショナル建築会を結成した(1927-1933年)。

1939年、43歳で大阪市を退職し、自営(伊藤正文建築事務所)。この頃、早稲田大学、神戸高等工業学校で講師を務める。戦時中は奈良に疎開。戦後は建築設備研究所長などを経て、1950年から1958年頃まで大阪市立大学教授[3]

作品[編集]

1921年、建築設計競技前田健二郎案が当選したが、実施されたデザインは大幅に異なる。当時の営繕課長・波江悌夫は「立体図案は伊藤正文氏の作である」と回想している[4]

著書[編集]

  • 建築保健工学 第1部・第2部(工業図書、1938-39年)
  • 国民学校(相模書房、1941年)
  • 産業建築衛生(東洋書館、1944年)
  • 学校建築小論(相模書房、1951年)

註釈[編集]

  1. ^ 堀勇良『近代日本建築人名総覧』(中央公論新社、2021年)、『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』(1938年), doi:10.11501/1207487
  2. ^ 伊藤正文「大阪市小學校復興計畫上の諸問題」『建築雑誌』第632号、日本建築学会、1937年11月、 1377-1388頁、 ISSN 00038555NAID 110003781185 (Paid subscription required要購読契約)
  3. ^ 堀勇良『近代日本建築人名総覧』、高杉酒造三郎『建築人国雑記』(日刊建設工業新聞社、1975年)p75。
  4. ^ 児島大輔「大阪市立美術館の設計思想 (PDF) 」 『大阪市立美術館紀要』第19号、2019年3月、 NDLJP:11718863

関連項目[編集]

外部リンク[編集]