京都市考古資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 京都市考古資料館
Kyoto City Museum of Archaeological
KyotoArchaeologicalMuseum.jpg
施設情報
専門分野 考古資料
事業主体 京都市[1]
管理運営 財団法人京都市埋蔵文化財研究所(指定管理者[2]
開館 1979年11月
所在地 602-8435
京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265-1
位置 北緯35度1分48.1秒
東経135度44分58.9秒
公式サイト http://www.kyoto-arc.or.jp/museum/
プロジェクト:GLAM

京都市考古資料館(きょうとしこうこしりょうかん)は、京都市上京区今出川大宮東入ルに位置する考古資料専門の博物館

概要[編集]

京都市内で発掘された埋蔵文化財を中心に展示を行うとともに文化財講習などのイベントを行う施設であり、1979年昭和54年)11月に開館された。文化財の発掘、研究、保護などを目的に京都市を中心に設立された財団法人京都市埋蔵文化財研究所が、指定管理者として管理・運営を行っている。

館内は時代別、テーマ別などいくつかのコーナーに分け現物、レプリカ、写真などで展示されている。一部の展示物は写真撮影や手で触れることが可能である。 建物は以前は西陣織物館として使われていたものであり京都市登録有形文化財に登録されている。

主な展示物[編集]

平安前期の鴟尾

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都市考古資料館条例
  2. ^ 公の施設の指定管理者制度

外部リンク[編集]