岡村吾一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡村吾一(おかむら ごいち、1907年 6月11日- 2000年5月29日)は、日本ヤクザ右翼活動家、総会屋暴力団北星会会長。埼玉県行田市出身。「村岡健次」とも名乗った。

経歴[編集]

右翼団体・鉄血社をへて、岩田富美夫が主宰する右翼団体・大化会に入った。1935年中国上海で、児玉機関に入り、児玉誉士夫の元で働いた。 終戦後、高崎市を中心とした11の博徒を集めて、上州共和一家を結成した。岡村吾一の兄貴分・武田愛之助が上州共和一家初代総長に就いた。1961年、上州共和一家や埼玉県群馬県の博徒を糾合して、北星会を結成し会長に就任した。 ナイトクラブニューラテンクォーターの顧問を務めた。 1973年には、殖産住宅相互事件にからんで、名前を取りざたされた。 1999年5月、自宅に泥棒が入り、現金二億円が盗まれた。 2000年5月29日、死去。享年92。

人物・エピソード[編集]

  • 戦後は、日本劇場(通称は日劇)と関わりを持ち、ショービジネス界に進出した[1]

子・岡村達親(たつお)は大映入社、全日本キックボクシング連盟会長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 出典は、東史郎張慶二郎『大兇ヤクザ伝 飛車角と呼ばれた男 石黒彦一』竹書房、2007年、ISBN 978-4-8124-6639-1のP.222

岡村吾一関連の書籍[編集]

岡村吾一関連の映画・オリジナルビデオ[編集]

参考文献 [編集]