大化会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大化會(たいかかい)は、1920年4月[1]清水行之助によって結成された国粋主義の右翼団体[2]

概要[編集]

清水が東京市ヶ谷牛込加賀町で結成し、1923年、猶存社にいた岩田富美夫が独立した際に、代表を引き継いだ。顧問には高畠素之が就任した。小山大獄、荒牧退助[3]などが所属[1]

剣道柔道の道場、相撲の土俵を造り、錬成した。兄弟分・客分として出入りした者に山本重太郎東興連盟盟主・日協前衛隊盟主)、辰川龍之助白狼会)、清水行之助大行社)などがある。 道場の師範には江田島兵学校教官の寺田稲次郎秋水会代表・旧日本国民党委員)が就任し、相撲は出羽海部屋の力士が指導にあたった。

創立当初は雑誌「日本」を発行し、後に「急進」を出した。

大杉栄遺骨奪取事件のほか、下田歌子事件、飯野吉三郎事件、神楽坂決闘事件前橋水平社事件、野田醤油事件、不戦条約問題、やまと新聞社事件などに関係した。

平成21年芳谷会長が健康上に理由で総本部を横浜に移転し、事実上『政治結社白龍会 会長山下桂三』が預かっている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 労働経済調査所 1935, p.63
  2. ^ 当時の綱領は出典を参照
  3. ^ 1960年の岸信介襲撃事件の実行犯。

参考文献[編集]

関連項目[編集]