岡本敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本 敏男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県
生年月日 1917年
没年月日 没年不明(2004年以前[1]
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1940年
初出場 1940年8月6日
最終出場 1941年8月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡本 敏男(おかもと としお、1917年 - 没年不明〈2004年以前[1]〉)は、熊本県出身のプロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

野球の強豪として有名な熊本県立工業学校(現・熊本県立熊本工業高等学校)出身だが、甲子園出場はなし。熊本工業卒業後は、社会人野球の強豪・門司鉄道局(現・JR九州硬式野球部)に進み、1936年の都市対抗野球では優勝投手に輝いた。

1940年3月31日名古屋軍に入団。同年8月6日セネタース戦(満州リーグ戦の試合。奉天・満鉄球場)でデビューし、浅岡三郎との投げ合いの末、延長11回無失点のまま引き分けるという上々の結果だった。完封して引き分けたのは、日本プロ野球史上でこれが初めてだった[2]。同年8月11日ライオン戦(満州リーグ戦の試合。新京・児玉公園球場)でプロ初勝利を挙げた。しかし結果的にこれがプロ唯一の勝利となった。その後伸び悩み(名古屋軍に応召者が相次いでいた事情もあるが、なかなか勝てなかった)、1941年シーズンをもって引退した。

その後の消息は不明だが、森岡浩(編)『甲子園 高校野球人名事典』〈東京堂出版2004年〉によると、2004年時点で故人であると書かれている[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1940 名古屋 5 4 2 0 0 1 1 -- -- .500 113 27.0 23 0 16 -- 0 9 0 0 9 9 3.00 1.44
1941 9 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 97 20.2 18 1 16 -- 1 9 0 0 12 6 2.57 1.65
NPB:2年 14 6 2 0 0 1 3 -- -- .250 210 47.2 41 1 32 -- 1 18 0 0 21 15 2.83 1.53

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1940 名古屋 5 11 9 1 1 1 0 0 2 0 0 -- 0 0 2 -- 0 2 -- .111 .273 .222 .495
1941 9 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 3 -- .000 .000 .000 .000
通算:2年 14 20 18 1 1 1 0 0 2 0 0 -- 0 0 2 -- 0 5 -- .056 .150 .111 .261

背番号[編集]

  • 22 (1940年 - 1941年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 森岡浩(編)『甲子園 高校野球人名事典』、東京堂出版2004年より。
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」852ページ

外部リンク[編集]

関連項目[編集]