山本美香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 美香
(やまもと みか)
ファイル:Mika Yamamoto.jpg
生誕 (1967-05-26) 1967年5月26日[1]
日本の旗 日本 山梨県都留市
死没 (2012-08-20) 2012年8月20日(満45歳没)
シリアの旗 シリア アレッポ
教育 都留文科大学文学部英文学科卒業
職業 ジャーナリスト
ジャパンプレス所属ジャーナリスト
活動期間 1991年 - 2012年

山本 美香(やまもと みか、1967年昭和42年)5月26日[1] - 2012年平成24年)8月20日[2])は、日本ジャーナリスト。ジャパンプレス所属のジャーナリストとしてイラク戦争など世界の紛争地を中心に取材し、ボーン・上田記念国際記者賞特別賞、日本記者クラブ賞特別賞などを受賞した。2012年のシリアでの取材中、政府軍と思われる部隊の銃撃により殺害された。

経歴[編集]

父親も朝日新聞の元記者[3]山梨県都留市出身[3]。3人姉妹の次女[4]山梨県立桂高等学校[5]1990年(平成2年)に都留文科大学文学部英文学科卒業後[6][7]朝日ニュースターに入社し、記者、ディレクター、ビデオジャーナリストとして活動する[8]

1995年(平成7年)、朝日ニュースターを退職、フリーランスを経て、アジアプレス・インターナショナルに所属[9]1996年(平成8年)からは独立系通信社のジャパンプレスの記者[10][11]。ジャパンプレスの上司である佐藤和孝と15年間、コンビを組んで取材した[1]ターリバーン支配下のアフガニスタン取材など、新聞、テレビ、雑誌で発表[12]2003年イラク戦争の際のバグダードからレポートを送り続けた[11]

2003年(平成15年度)のボーン・上田記念国際記者賞特別賞を受賞している[13][14]。2013年には、危険な状況下の取材により報道の自由に大きく貢献をした記者に贈られる[15]国際新聞編集者協会の世界報道自由ヒーロー賞を受賞している[16]

最後の地を共に取材していた佐藤とは、15年近く前からの事実婚関係にあり、「公私にわたるパートナーだった」と佐藤は時事通信の取材で語っている[17][18]

ジャーナリスト以外の活動[編集]

2003年(平成15年)10月から2004年(平成16年)3月にかけて日本テレビNNNきょうの出来事』のフィールドキャスターを務めた[6][19]

2008年(平成20年)には早稲田大学大学院政治学研究科の非常勤講師に就任すると共に[20]、母校である都留文科大学でも臨時講師として教壇に立ち、後輩たちに自らが世界各地を取材して見聞してきたことを基に講義を行った[7]

出身地の都留市での活動が評価され、2011年(平成23年)には日本国政府の外交分野の「仕分け人」に選ばれ、在外公館査証に対し、意見を述べた[21][4]

最後の取材[編集]

2012年(平成24年)8月20日シリア内戦の取材中、シリア北部のアレッポにてシリア政府軍(シャッビーハ)の砲撃を受けて、搬送先の病院で死去したことを反アサド政権「自由シリア軍」のスポークスマンが発表した[22][23]日本外務省もこの事実を確認した[24]。山本の家族へは21日の9時頃に、佐藤からの電話連絡で伝えられた[4]。銃撃後に病院に運ばれ、パートナーの佐藤が確認したところ、右腕および首に銃創痕が、防弾チョッキで保護された腹部にも、銃撃の跡があり、大量の出血があった[1]。45歳没。

最後の取材は2012年(平成24年)8月14日に現地入りし、日本テレビ系の報道番組などで放送された。銃撃時も取材中で、カメラを回していたという[1]

山本の遺体は、22日トルコアダナの政府施設に運ばれ検視が行われた[25]

その後、遺体はイスタンブールを経由して、8月25日に遺族や佐藤と共に同便のトルコ航空機(ボーイング777)で日本の成田国際空港に搬送された。日本の警視庁刑法の「国外犯規定」に基いてこの事件を殺人容疑で捜査しており、同日杉並警察署で山本の遺体を検視した。その後遺体は自宅に運ばれた[26]

26日、東京都内の大学病院で司法解剖が行われ、死因は首への銃撃による頸髄損傷とみられると発表した。また、銃創痕が9カ所あることが明らかになった[27][28]

死を巡る各国・メディアの反応[編集]

山本美香記念国際ジャーナリスト賞[編集]

山本の死後、次世代のジャーナリスト育成を目指し一般財団法人山本美香記念財団が設立され、山本のジャーナリスト精神を引き継ぎ、果敢かつ誠実な国際報道につとめた個人に対して「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が創設された。

受賞者[編集]

受賞者 受賞内容
第1回 伊藤めぐみ イラクでの日本人人質事件を扱ったドキュメンタリー映像
第2回 リカルド・ガルシア・ビラノバ 中東各地の紛争地を取り上げた一連の作品
第3回 桜木武史 「シリア 戦場からの声」
第4回 林典子 ヤズディの祈り」
特別賞 安田純平 イラク戦争シリア内戦の取材・拘束の労苦

選考委員[編集]

かつての選考委員[編集]

著書[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e 戦場ジャーナリスト・山本美香さん、シリアで銃撃死…右腕、首に被弾し出血多量 - ウェイバックマシン(2012年8月22日アーカイブ分) - スポーツ報知(2012年8月22日)
  2. ^ シリアで邦人ジャーナリストが死亡 - ウェイバックマシン(2012年8月23日アーカイブ分) - NHK(2012年8月21日)
  3. ^ a b 美香さんの父“優しさある子” - NHK NEWS WEB 2012年8月21日 [リンク切れ]
  4. ^ a b c 【シリアで山本美香さん死亡】「戦争ジャーナリストではなくヒューマンジャーナリスト」 紛争地の女性、子供ら伝える - 47news(2012年8月22日)
  5. ^ 講演会のご案内 (PDF) - 山梨県立桂高等学校
  6. ^ a b 世界の紛争地からリポート15年 死亡の山本さん - 中国新聞(2012年8月21日)
  7. ^ a b 本学卒業生、ジャーナリスト山本美香さんを悼む - 都留文科大学(2012年8月21日)
  8. ^ 「声なき声拾う」姿勢貫く シリアで亡くなった山本さん - 朝日新聞(2012年8月21日)
  9. ^ シリアで取材中に亡くなった山本美香さんが学生たちに遺した「最期の講義」前編「それでも私が戦争取材を続ける理由」 - 早稲田J-School@現代ビジネス 2012年8月25日閲覧
  10. ^ シリアで取材の山本美香さん、銃撃受け死亡 - 読売新聞(2012年8月21日)
  11. ^ a b シリア取材中の山本美香さん殺害される!キャスターでも活躍 - ウェイバックマシン(2012年8月25日アーカイブ分) - zakzak(2012年8月21日)
  12. ^ 2012年8月21日付 読売新聞東京版第49042号 夕刊1ページ、13ページ
  13. ^ ボーン・上田記念国際記者賞 - 日本新聞協会
  14. ^ ボーン・上田賞受賞! - NNN きょうの出来事 @ 日テレ
  15. ^ 山本美香さんに報道ヒーロー賞」『産経新聞』 2013年5月4日付け、15版、9面。
  16. ^ 共同「山本美香さんに「ヒーロー賞」授与」『産経新聞』 2013年5月22日付け、15版、24面。
  17. ^ 銃撃は「一瞬の出来事」=同僚、最高のパートナー失ったと絶句-シリア邦人記者死亡 [リンク切れ] - 時事通信 2012年8月22日閲覧
  18. ^ 山本美香さん“事実婚夫”胸の内明かす!「最高のパートナー」 - ウェイバックマシン(2012年8月24日アーカイブ分) - zakzak(2012年8月22日)
  19. ^ TVキャスターも…シリアで死亡の山本美香記者 - ウェイバックマシン(2012年8月22日アーカイブ分) - 読売新聞(2012年8月21日)
  20. ^ 走り続けた記者魂 - ウェイバックマシン(2012年8月25日アーカイブ分) - 朝日新聞山梨県版 2012年8月22日閲覧
  21. ^ 紛争地熟知していた山本さん 政策仕分けに貴重な指摘 - スポーツニッポン(2012年8月21日)
  22. ^ ジャーナリストの山本美香さん死亡=シリア北部で取材中-政府軍が銃撃か [リンク切れ] - 時事通信(2012年8月21日)
  23. ^ シリア:ジャーナリスト山本美香さん死亡 戦闘巻き込まれ - ウェイバックマシン(2012年8月22日アーカイブ分) - 毎日新聞(2012年8月21日)
  24. ^ シリアで邦人ジャーナリスト死亡 (PDF) - 山梨日日新聞(2012年8月21日)
  25. ^ 山本さんの検視終わる=近く遺体を日本へ-トルコ[リンク切れ] - 時事通信(2012年8月23日)
  26. ^ 山本さん死亡:遺体が遺族と共に帰国 成田空港に - ウェイバックマシン(2012年8月26日アーカイブ分) - 毎日新聞(2012年8月25日)
  27. ^ 山本美香さん 銃創9カ所、複数方向から… - スポーツニッポン(2012年8月26日)
  28. ^ 山本さん、計9発被弾=背後から首に致命傷-司法解剖で判明・警視庁 [リンク切れ] - 時事通信(2012年8月26日)
  29. ^ 山本さんに哀悼の意=米国務省 [リンク切れ] - 時事通信 2012年8月22日閲覧
  30. ^ 邦人記者死亡でシリア非難=仏外務省 [リンク切れ] - 時事通信(2012年8月21日)
  31. ^ 官房長官「強く非難」…シリアで山本さん銃撃死 - ウェイバックマシン(2012年8月23日アーカイブ分) - 読売新聞(2012年8月21日)
  32. ^ 英BBC、山本さん死亡異例の扱いで報じる - 日本経済新聞(2012年8月22日)

外部リンク[編集]