吉田敏浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 敏浩(よしだ としひろ、1957年9月11日 - )は、日本のジャーナリスト。立教大学大学院特任教授。

経歴[編集]

大分県臼杵市の出身である。明治大学文学部卒業。大学在学中は探検部に所属。1985年3月から1988年10月まで、ビルマ(現ミャンマー)北部を長期取材し、自らマラリアに感染し生死をさまよう。その記録をNHK番組「回想のジャングル」で発表。記録をまとめた「森の回廊」を出版し、第27回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。「赤紙と徴兵」(彩流社)で第2回いける本大賞を受賞。『「日米合同委員会」の研究』で第60回JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞を受賞。 現在は各地で講演などを行っている。妻との間に2男の子供がいる。アジアプレス・インターナショナル所属。神奈川県川崎市在住。

著書[編集]

  • 森の回廊(日本放送出版協会、1995年)
  • 宇宙樹の森(現代書館、1997年)
  • 北ビルマ、いのちの根をたずねて
  • 生命の森の人びと
  • 夫婦が死と向きあうとき
  • ルポ戦争協力拒否(岩波新書、2005年)
  • 生と死をめぐる旅へ
  • 民間人も「戦地」へ、テロ対策特措法の現実
  • 反空爆の思想
  • 密約、日米地位協定と米兵犯罪
  • 人を“資源”と呼んでいいのか
  • 赤紙と徴兵
  • ダイドー・ブガ、北ビルマ・カチン州の天地人原景(写真集)
  • 沖縄、日本で最も戦場に近い場所(毎日新聞社、2012年)
  • 検証・法治国家崩壊 砂川裁判と日米密約交渉(共著)創元社 2014年
  • 日米合同委員会の研究 謎の権力構造の正体に迫る 創元社 2016年

外部リンク[編集]