小松由佳 (登山家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小松 由佳(こまつ ゆか、1982年昭和57年)9月22日 - )は、日本登山家写真家東京都在住[1]

来歴[編集]

秋田県秋田市出身。秋田県立秋田北高等学校に入学してすぐに登山部へ入部[2]。1999年熊本国体、2000年岐阜インターハイに出場するなど競技登山に打ち込んだ[2]。のち東海大学文学部へ進学。山岳部へ入部し、本格的な登山を始める。同部は女性の入部が禁止されていたが、その決まりを知らない部員によって入部が認められた。4年次には同部初の女性主将となり[2]中国未踏峰へ海外遠征も行う。

大学卒業後の2006年8月、同大学山岳部創部50年記念事業のK2登山隊へ参加[3]、登頂に成功した(女性としては8人目[2]、日本人女性として初めての成功[3][4]。また、南南東支稜からの登頂は女性として世界初[5])。同年度の植村直己冒険賞を受賞した(女性としては山野井妙子渡辺玉枝に続く3人目)。 また、同年に秋田県県民栄誉章を受章[6]

勤務先は、登山用品店ICI石井スポーツを経て東京郊外の牧場、知的障害者の福祉施設、現在は若者の自立支援業務に携わる。

その後、風土と共に生きる人間の営みに魅せられ、東西アジアを旅しながらフォトグラファーに転身。多様な自然環境の中での人間の暮らしを撮影している。写真誌『名のない星』を個人的に発刊し、瀬戸内海の過疎化の進む島の暮らしや、秋田の冬の鮭の遡上の光景をフォトエッセイで表現している。

2012年からシリア難民をテーマに取材を続け、同年シリア人男性と結婚[7][8]。2児の母[2]

主な登山歴・取材歴[編集]

著書[編集]

  • オリーブの丘へ続くシリアの小道で ~ふるさとを失った難民たちの日々~ 河出書房新社 2016年3月
  • 風土に生きる人々 写文集・生き物との暮らし(電子書籍) ゼロメガ 2017年1月
  • 人間の土地へ 集英社インターナショナル 2020年9月

テレビ出演[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 未来授業 | これからの時代を生き抜くヒントを学ぶ特別授業” (日本語). 未来授業 | これからの時代を生き抜くヒントを学ぶ特別授業. 2022年9月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 登山家・小松由佳さんが本市で講演” (日本語). 北秋田市ホームページ 住民が主役のもりのまち. 2022年9月3日閲覧。
  3. ^ a b 日本人女性初のK2登頂から難民の妻に。小松由佳さんの困難との向き合い方|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社” (日本語). ニュースイッチ Newswitch. 2022年9月3日閲覧。
  4. ^ 日本人女性初 K2に登頂! 小松由佳さん 「生きて帰って来られたのは“運”」|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる”. 読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる. 2022年9月3日閲覧。
  5. ^ 小松 由佳”. www.adnet-sakigake.com. 2022年9月3日閲覧。
  6. ^ 「秋田県県民栄誉章」の概要(これまでに顕彰された方々)” (日本語). 美の国あきたネット. 2022年9月3日閲覧。
  7. ^ ある日突然、恋人が「難民」となり、国を出て生き延び結婚するまで 現代ビジネス、2018年12月3日
  8. ^ 「だから、私は山へ行く」 #03 小松由佳さんランドネ、2020年4月14日
  9. ^ サーメル 子連れ写真家とシリア難民”. 日本テレビ (2017年9月24日). 2022年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月21日閲覧。
  10. ^ a b ABOUT テレビ/ラジオ”. 小松由佳公式ウェブサイト (2022年9月19日). 2022年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月19日閲覧。
  11. ^ 生きる根をみつめて”. NHK (2022年8月28日). 2022年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]