小松由佳 (登山家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小松 由佳(こまつ ゆか、1982年(昭和57年)9月22日 - )は、日本の登山家写真家

2006年8月、日本人女性として初めてK2登頂に成功し同年度の植村直己冒険賞を、女性としては3人目の受賞を果たす。 また、同年に秋田県から県民栄誉章を受章。現在は自然と共に生きる人間の暮らしを撮影、写真家として活動している。

来歴[編集]

秋田県秋田市出身。秋田県立秋田北高等学校に入学、登山部へ入部する。のち東海大学文学部歴史学科へ進学。山岳部へ入部し、本格的な登山を始める。同部は女性の入部が禁止されていたが、その決まりを知らない部員によって入部が認められた。4年次には同部初の女性主将となり、中国未踏峰へ海外遠征も行う。

大学卒業後の2006年8月、同大学山岳部創部50年記念事業のK2登山隊へ参加、登頂に成功した(南南東支稜からの登頂は女性として世界初)。

勤務先は、登山用品店ICI石井スポーツを経て東京郊外の牧場、知的障害者の福祉施設、現在は若者の自立支援業務に携わる。一方でフォトグラファーとして多様な自然環境の中での人間の暮らしを表現している。写真誌『名のない星』を個人的に発刊し、瀬戸内海の過疎化の進む島の暮らしや、秋田の冬の鮭の遡上の光景をフォトエッセイで表現している。

主な登山歴・取材歴[編集]

著書[編集]

  • オリーブの丘へ続くシリアの小道で ~ふるさとを失った難民たちの日々~ 河出書房新社 2016年3月
  • 風土に生きる人々 写文集・生き物との暮らし(電子書籍) ゼロメガ 2017年1月

参考資料[編集]

外部リンク[編集]