コンテンツにスキップ

ビクトリア・ヌーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビクトリア・ヌーランド
Victoria Nuland
第24代 アメリカ合衆国国務次官(政治担当)
任期
2021年5月3日 – 2024年3月22日
大統領ジョー・バイデン
前任者ウェンディ・ルース・シャーマン
アメリカ合衆国国務次官補(ヨーロッパ・ユーラシア担当)
任期
2013年9月18日 – 2017年1月20日
大統領バラク・オバマ
前任者Philip Gordon
後任者John A. Heffern(代行)
アメリカ合衆国国務省報道官
任期
2011年6月16日 – 2013年2月11日
大統領バラク・オバマ
前任者Philip J. Crowley
後任者ジェン・サキ
第18代 アメリカ合衆国NATO常任委員代表
任期
2005年7月13日 – 2008年5月2日
大統領ジョージ・W・ブッシュ
前任者ニコラス・バーンズ
後任者Kurt Volker
個人情報
生誕Victoria Jane Nuland
(1961-07-01) 1961年7月1日(62歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
配偶者ロバート・ケーガン
子供2
出身校ブラウン大学
公式サイトhttp://topics.bloomberg.com/victoria-nuland/
ジョージア国防省トップと会談するヌーランド(2013年12月6日)
ペトロ・ポロシェンコアルセニー・ヤツェニュクビタリ・クリチコと会談するジョン・ケリーとヌーランド(2014年2月1日、ミュンヘン
ペトロ・ポロシェンコを迎えるジェフ・パイアットとヌーランド(2014年6月4日、ワルシャワ

ヴィクトリア・ジェーン・ヌーランド(Victoria Jane Nuland、1961年7月1日 - )は、アメリカの外交官。2021年から2024年までアメリカ合衆国国務次官(政治担当)、2013年から2017年まで欧州・ユーラシア担当国務次官補英語版、2005年から2008年まで第18代NATO大使英語版[1][2]、2011年6月16日から2013年2月11日まで国務省報道官を務めた[3]。日本の報道では主に「ヌランド報道官」として報じられた[4]

ヌーランドは、米国外務省で最高の外交官階級であるキャリア大使英語版の地位にあった[5]。彼女は、2018年1月から2019年初めまで務めた新アメリカ安全保障センター(CNAS)の前CEOであり、イェール大学の大戦略におけるブレイディ・ジョンソン特別専門家であり、全米民主主義基金の理事でもある。ブルッキングス研究所[6]外交政策プログラムの非常勤フェロー、オルブライト・ストーンブリッジ・グループ英語版のシニア・カウンセラーを務めた[7]

ウェンディ・シャーマンの退任に伴い、国務副長官代行を務めた[8]

夫は歴史家でブルッキングズ研究所上席フェローのロバート・ケーガンで、子供が2人いる。

経歴[編集]

1961年ニューヨーク州ニューヨークシティに生まれる。父は、ヌーデルマンという姓を持つ東欧系ユダヤ人移民[9]の間に生まれた外科医で生命倫理学者イェール大学医学部教授シャーウィン・B・ヌーランド英語版[10]で、母はクリスチャンでイギリス出身のローナ・マクハン(旧姓ゴールストン)である[11]。アメリアとウィリアムという2人の異母兄妹がいる[12]

1979年にチョート・ローズマリー・ホールを卒業[13]。1983年にブラウン大学で文学士号を取得し、ロシア文学、政治学、歴史学を学んだ[14]

キャリア[編集]

ブラウン大学を卒業後、アメリカ国務省に入省。外交官として、在広州アメリカ合衆国総領事館(1985年-1986年)、国務省東アジア・太平洋局(1987年)、在モンゴルアメリカ合衆国大使館(1988年)、在ソ連(現・ロシア)アメリカ合衆国大使館(1988年-1996年、ソ連担当デスク(1988年-1990年)、内政担当(1991年-1993年))。

クリントン政権[編集]

ビル・クリントン大統領時代の1993年から1996年まで、ストローブ・タルボット国務副長官の首席補佐官を務めた後、旧ソ連問題担当副長官[15]、国務省フェロー(1996年-1997年)、外交問題評議会フェロー(1999年-2000年)、アメリカ合衆国北大西洋条約機構常任委員次席代表(2000年-2003年)。

ブッシュ政権[編集]

国家安全保障問題担当大統領補佐官首席次官(2003年-2005年)、第18代アメリカ合衆国北大西洋条約機構常任委員代表(NATO大使)(2005年-2008年[16])としてアフガニスタンへのNATOの介入に対する欧州の支持の結集に力を注いだ[17]国防大学教官(2008年-2009年[18])。

オバマ政権[編集]

欧州通常戦力制限条約担当特使(2010年-2011年)、米国務省報道官(2011年6月-2013年2月)を務め、

[19]、その後、米国務省報道官(2011年6月-2013年2月)を務め[20]ジェン・サキに引き渡された[21]。2013年5月、欧州・ユーラシア担当の国務次官補に指名され[22]、2013年9月18日に就任した[23]。国務次官補として、彼女は欧州・ユーラシアの50カ国、NATO、欧州連合、欧州安全保障協力機構との外交関係を管理していた。

ウクライナ[編集]

2014年にはウクライナキーウを訪問し、ビクトル・ヤヌコビッチ大統領と会談してウクライナ情勢に深く関与した。彼女は「尊厳の革命」の主導的な米国側の指南役であり、2014年に10億ドルの融資保証を含むウクライナへの融資保証を確立し、ウクライナ軍と国境警備隊への非致死的支援を提供した[24][25]ジョン・ケリー国務長官やアシュトン・カーター国防長官とともに、彼女はウクライナへの防衛兵器供与の主要な支持者とみなされている。2016年、ヌーランドはウクライナに対し、汚職官僚の訴追を開始するよう促した: 「あまりにも長い間ウクライナの住民から金をむしり取ってきた人々を拘束し始め、腐敗という癌を根絶する時が来た」[26]。ウクライナ危機に関する国務省の首席外交官を務めていたとき、ヌーランドはヨーロッパの同盟国に対し、ロシアの拡張主義に対してより強硬な姿勢を取るよう働きかけた[27]

2014年2月4日、ヌーランドとジェフリー・パイアット英語版駐ウクライナ米国大使の間で2014年1月28日に交わされた電話の録音がYouTubeで公開された[28][29][30][31][32][33]。ヌーランドとパイアットは、次のウクライナ政府に誰が入るべきか、あるいは入るべきでないと考えるか、また、さまざまなウクライナの政治家について意見を交わした。ヌーランドはパイアットに、アルセニー・ヤツェニュクがウクライナの次期首相になる最有力候補だろうと語った[29][30]。ヌーランドは、政治的解決にはEUではなく国連が関与すべきだと提案し、「EUなんてクソくらえだ」と付け加えた[34]。翌日、ドイツ連邦政府の副政府報道官兼報道情報局副局長のクリスティアン・ヴィルツは、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がヌーランド大統領の発言を「絶対に受け入れられない」とする声明を発表した[35]。また、欧州理事会ヘルマン・ファン・ロンパウ議長は、この発言を「容認できない」と非難し[36][37]

国務省のジェン・サキ報道官は、この議論は政治的結果に影響を与えようとするアメリカの計画の証拠ではないとし、「最近の出来事や申し出、現地で起きていることについて、どの時点で議論があったとしても驚くことではない」と発言した[38]

2016年6月7日、上院外交委員会の「国境、条約、人権に対するロシアの侵害」と題された公聴会で、ヌーランドは旧ソ連に対する米国の外交的働きかけと、ロシアとの建設的な関係を築くための努力について説明した。証言の中で、ヌーランドは2014年の事実上のロシアによるウクライナ介入について言及し、「このクレムリンが国際法を守ろう、あるいは冷戦終結時にロシアが加盟した制度のルールに従って生きようという、残っていた幻想を打ち砕いた」と述べた[39]

一方、2015年イラン核合意の交渉にも参加して足跡を残した。

トランプ政権[編集]

2016年アメリカ合衆国大統領選挙トランプ政権が誕生したことにより下野[40]

2018年1月24日、ワシントン・ポスト紙はヌーランドへのインタビューを掲載し、ドナルド・トランプ大統領とレックス・ティラーソン国務長官の仕事について意見を述べた。彼女は、外務官僚の流出と国務省内の機能不全について述べ、アメリカの司法とメディアは攻撃を受けていると述べた。ヌーランドはまた、アメリカの孤立主義の傾向を批判し、次のように述べた。「われわれが撤退し、それぞれの国はそれぞれの国のためにと言うとき、国際システムにおける領土的地位や影響力、あるいはシステムそのものに不満を持つ国々に門戸を開くことになる。軍事的な解決策だけでは、より多くの、より長い軍事的なもつれになると、軍の指導者たちは最初に言うでしょう。アメリカの外交官や政治指導者の役割は、軍事と並行して、われわれが持っているすべての政治的手段を駆使することである」[41]

2018年1月、トランプ政権はロシア軍最高司令官ワレリー・ゲラシモフ将軍と欧州連合軍司令部最高司令官カーティス・スカパロッティ英語版将軍の会談を予定することで、ロシア政府高官との新たなハイレベルの関与を開始した。ヌーランドは、「首脳レベルの関係が予測不可能な今、こうしたチャンネルは特に重要だ」、スカパロッティはロシアの「ウクライナにおける継続的な軍事的役割、中距離核戦力全廃条約(INF)違反、大西洋横断民主主義を弱体化させるための積極的な措置、そして米国とその同盟国がより強力な抑止力措置を講じるよう駆り立てているその他の戦略的緊張」に関する懸念に対処する「ユニークな立場にある」と述べた[42]

ハーバード大学で教鞭を取っていたが、2020年アメリカ合衆国大統領選挙でバイデン政権が誕生すると、2021年に国務次官(政治担当)に復帰した[43]

バイデン政権[編集]

2021年1月5日、ジョー・バイデン次期大統領が、国務長官に指名されたアントニー・ブリンケンの下で、ヌーランドを国務次官(政治担当)に指名すると報じられた[44]。 ヌーランド指名に関する公聴会は、2021年4月15日に上院外交委員会で開かれた。同委員会は2021年4月21日、ヌーランドの指名を好意的に報告した。2021年4月29日、ヌーランドの指名は上院で全会一致で承認され、2021年5月3日から国務次官として執務を開始した[45]

2021年7月、ワシントンでベラルーシの野党指導者スヴャトラーナ・ツィハノウスカヤと会談した[46]。 2022年3月、ロシアがウクライナ侵攻の際にウクライナの生物学研究施設を掌握することへの懸念を表明した[47][48][49]

2022年3月、デリーを訪問し、「インドにおける考え方の進化」を示唆した。彼女は、アメリカとヨーロッパはインドの「防衛と安全保障のパートナー」であるべきであり、ロシアのウクライナ侵攻は「独裁と民主主義の闘いにおける大きな変曲点」を示していると述べた[50]

2022年7月25日、安倍晋三銃撃事件の発生を踏まえて日本を訪問[51]弔問外交を行った。帰路、同月27日には韓国を訪問している[52]

2023年7月28日、ウェンディ・ルース・シャーマン国務副長官が退任したため、ヌーランドが国務副長官代行に就任[53]

2024年3月5日、国務省より国務次官を近く退任すると発表される[54]

人物[編集]

流暢なロシア語フランス語を話し、中国語も理解できる。

夫であるロバート・ケーガンは歴史家で、ブルッキングス研究所の外交政策評論家であり、1998 年に新アメリカ世紀のためネオコンプロジェクト (PNAC) の共同創設者となった[55]

日本に関連する発言[編集]

ウクライナに関する発言[編集]

2014年2月、ジェフ・パイアット英語版ウクライナ大使との通話内容がYouTubeに投稿された。そこでは2013年末からのウクライナの政情不安についての議論がなされ、ウクライナの今後の体制はアルセニー・ヤツェニュク政権の発足が望ましいものとされ、ビタリ・クリチコオレグ・チャグニボク英語版の排除が合意された。その場でヌーランドは国連によるウクライナへの介入を支持し、ヌーランドの意にそぐわないEUを「fuck EU(EUなんか、くそくらえ)」と侮蔑する発言をした。これによりウクライナやロシアから、アメリカのウクライナに対する内政介入を批判する声が上がっている。米国務省のサキ報道官はこの会話内容が本物であることを認め、2月6日にヌーランドはEU側に謝罪したと発表した[59][60]

また、2013年12月には、ウクライナを巡る会議において「米国は、ソ連崩壊時からウクライナの民主主義支援のため50億ドルを投資した。」と発言している[61][62]

脚注[編集]

  1. ^ Bureau of Public Affairs Front Office Changes”. U.S. Department of State. 2023年12月10日閲覧。
  2. ^ Biden to tap more Obama vets to fill key national security roles” (英語). POLITICO. 2021年1月5日閲覧。
  3. ^ 米国務省で新報道官デビュー ヌランド氏、初記者会見 - 日本経済新聞
  4. ^ 日経新聞でのヌランドの用例
  5. ^ PN1907 - 2 nominees for Foreign Service, 114th Congress (2015-2016)” (2016年12月7日). 2023年12月10日閲覧。
  6. ^ Victoria Nuland” (2019年4月2日). 2023年12月10日閲覧。
  7. ^ Press Release: Victoria Nuland Rejoins ASG”. Albright Stonebridge Group (2019年4月18日). 2019年4月30日閲覧。
  8. ^ PN1907 - 2 nominees for Foreign Service, 114th Congress (2015-2016)” (2016年12月7日). 2023年12月10日閲覧。
  9. ^ https://www.nytimes.com/2014/03/05/us/sherwin-b-nuland-author-who-challenged-concept-of-dignified-death-dies-at-83.html?hpw&rref=obituaries
  10. ^ Sherwin Nuland – Physician – Why I Had to Change My Name”. Web of Stories. 2023年12月10日閲覧。
  11. ^ Victoria Nuland (1961–), U.S. Department of State, Office of the Historian.
  12. ^ Gellene, Denise (2014年3月4日). “Sherwin B. Nuland, Author of 'How We Die,' Is Dead at 83”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2014/03/05/us/sherwin-b-nuland-author-who-challenged-concept-of-dignified-death-dies-at-83.html. "Dr. Nuland’s first marriage ended in divorce. In 1977, he married Sarah Peterson, an actress and director. Besides his wife, survivors include two children from his first marriage, Victoria Jane Nuland, the assistant secretary of state for European and Eurasian affairs, and Andrew; two children from his second marriage, Amelia and William; and four grandchildren." 
  13. ^ Choate Notable Alumni”. Choate Rosemary Hall. 2021年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月21日閲覧。
  14. ^ Schwartzapfel (2013年4月). “ALUMS IN THE STATE DEPT: No Praying from the Podium”. Brown Alumni Magazine. 2023年12月10日閲覧。
  15. ^ “Biden to name Sherman, Nuland to top diplomatic posts: sources” (英語). Reuters. (2021年1月5日). https://www.reuters.com/article/us-usa-biden-diplomats-idUSKBN29A27G 2021年1月11日閲覧。 
  16. ^ Victoria Nuland U.S. Ambassador to NATO - Q&A Interesting People. Informative Conversations.
  17. ^ Victoria Nuland” (英語). Brookings (2019年4月2日). 2021年1月11日閲覧。
  18. ^ Victoria Nuland: Let’s Put it That Way - Justrecently's Weblog
  19. ^ Ambassador Victoria Nuland” (英語). NATIONAL ENDOWMENT FOR DEMOCRACY (2018年1月22日). 2021年1月11日閲覧。
  20. ^ “Victoria Nuland to be State Department spokesman”. Foreign Policy. (2011年5月16日). http://thecable.foreignpolicy.com/posts/2011/05/16/victoria_nuland_to_be_state_department_spokesman 
  21. ^ http://www.state.gov/r/pa/ei/biog/209549.htm/ Psaki, Jennifer - 米国務省HPより
  22. ^ “Obama nominates Nuland for assistant secretary of state”. Politico. (2013年5月23日). http://www.politico.com/politico44/2013/05/obama-nominates-nuland-for-assistant-secretary-of-164711.html 
  23. ^ Swearing-in Ceremony for Victoria Nuland as Assistant Secretary of State for European and Eurasian Affairs”. 2015年4月1日閲覧。
  24. ^ “Nuland On Ukraine”. Voice of America. (2015年3月17日). http://editorials.voa.gov/content/nuland-ukraine/2684273.html 2016年5月20日閲覧。 
  25. ^ Victoria Nuland (2015年3月4日). “Testimony on Ukraine Before the House Foreign Affairs Committee”. U.S. State Department. 2016年5月20日閲覧。
  26. ^ Isabela Cocoli (2016年4月27日). “US Urges Ukraine to Jail Corrupt Officials”. Voice of America. http://www.voanews.com/content/ukraine-nuland/3305145.html 2016年5月20日閲覧。 
  27. ^ The Undiplomatic Diplomat”. Foreign Policy. 2018年1月8日閲覧。
  28. ^ Re Post (2014年2月4日). “Марионетки Майдана”. YouTube. https://www.youtube.com/watch?v=MSxaa-67yGM 2014年6月19日閲覧。 
  29. ^ a b “Ukraine crisis: Transcript of leaked Nuland-Pyatt call”, BBC News, (February 7, 2014), https://www.bbc.com/news/world-europe-26079957 2014年10月9日閲覧。 
  30. ^ a b Chiacu, Doina; Mohammed, Arshad (2014年2月6日). “Leaked audio reveals embarrassing U.S. exchange on Ukraine, EU”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-usa-ukraine-tape-idUSBREA1601G20140207 2014年5月19日閲覧。 
  31. ^ “BBC News - Victoria Nuland: Leaked phone call 'impressive tradecraft'”. BBC Online. (2014年2月7日). https://www.bbc.com/news/world-europe-26079591 2014年5月19日閲覧。 
  32. ^ Pilkington, Ed; Harding, Luke (2014年2月7日). “Angela Merkel: Victoria Nuland's remarks on EU are unacceptable”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2014/feb/07/angela-merkel-victoria-nuland-eu-unacceptable 2014年5月19日閲覧。 
  33. ^ Chiacu (2014年2月6日). “Leaked audio reveals embarrassing U.S. exchange on Ukraine, EU”. Reuters. 2023年12月10日閲覧。
  34. ^ 米国務次官補が「EUくそくらえ」、電話盗聴され暴露”. AFP (2014年2月7日). 2022年7月26日閲覧。
  35. ^ Pilkington, Ed; Harding, Luke (2014年2月7日). “Angela Merkel: Victoria Nuland's remarks on EU are unacceptable”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2014/feb/07/angela-merkel-victoria-nuland-eu-unacceptable 
  36. ^ “U.S. diplomat plays down leaked call; Germany's Merkel angry” (英語). Reuters. (2014年2月7日). https://www.reuters.com/article/us-ukraine-idUSBREA151QL20140207 2020年3月1日閲覧。 
  37. ^ Kauffmann, Sylvie (February 9, 2014), “Les cinq leçons du " fuck the EU ! " d'une diplomate américaine”, Le Monde, http://www.lemonde.fr/europe/article/2014/02/09/les-cinq-lecons-du-fuck-the-eu-d-une-diplomate-americaine_4363017_3214.html 2014年2月9日閲覧。 
  38. ^ Gearan, Anne (2014年2月6日). “In recording of U.S. diplomat, blunt talk on Ukraine” (英語). The Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/world/national-security/in-purported-recording-of-us-diplomat-blunt-talk-on-ukraine/2014/02/06/518240a4-8f4b-11e3-84e1-27626c5ef5fb_story.html 2022年3月14日閲覧。 
  39. ^ Nuland (2016年6月7日). “U.S. Senate Foreign Relations Committee Hearing Transcript of June 7, 2016”. www.senate.gov. 2023年12月10日閲覧。
  40. ^ Labott (2017年1月27日). “Trump administration asks top State Department officials to leave”. CNN. 2023年12月10日閲覧。
  41. ^ Rubin, Jennifer (2018年1月24日). “Opinion | A year of Trump foreign policy: More is broken than the State Department”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/blogs/right-turn/wp/2018/01/24/a-year-of-trump-foreign-policy-more-is-broken-than-the-state-department/ 2018年1月25日閲覧。 
  42. ^ Hudson, John (2018年1月7日). “Trump Administration Set for Broad Engagement with Russia in Early 2018”. BuzzFeed. https://www.buzzfeed.com/johnhudson/trump-administration-set-for-broad-engagement-with-russia 2018年1月8日閲覧。 
  43. ^ バイデン氏、国務副長官にシャーマン氏指名へ”. ロイター (2021年1月16日). 2022年7月26日閲覧。
  44. ^ Biden to tap more Obama vets to fill key national security roles” (英語). POLITICO. 2021年1月5日閲覧。
  45. ^ PN120 — Victoria Nuland — Department of State”. U.S. Congress. 2021年2月14日閲覧。
  46. ^ “On Washington visit, Belarus opposition leader asks U.S. for more help”. Reuters. https://www.reuters.com/world/europe/washington-visit-belarus-opposition-leader-asks-us-more-help-2021-07-19/ 
  47. ^ Undersecretary of State for Political Affairs Testifies on Ukraine | C-SPAN.org”. www.c-span.org. 2023年12月10日閲覧。
  48. ^ In Ukraine, US-military-linked labs could provide fodder for Russian disinformation” (英語). Bulletin of the Atomic Scientists (2022年3月9日). 2022年3月28日閲覧。
  49. ^ “Analysis | How the right embraced Russian disinformation about 'U.S. bioweapons labs' in Ukraine” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/politics/2022/03/11/how-right-embraced-russian-disinformation-about-us-bioweapons-labs-ukraine/ 2022年3月28日閲覧。 
  50. ^ “Ukraine: India 'feeling the heat' over neutrality” (英語). BBC News. (2022年3月25日). https://www.bbc.com/news/world-asia-india-60857406 2022年3月28日閲覧。 
  51. ^ 山田外務審議官とヌーランド米国務次官との会談”. 外務省 (2022年7月25日). 2022年7月26日閲覧。
  52. ^ ヌーランド米国務次官が昨日訪韓、韓米同盟など議論”. 東亜日報 (2022年7月27日). 2022年7月27日閲覧。
  53. ^ シャーマン米国務副長官が退任へ 女性初の米国務省ナンバー2:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2023年7月25日). 2023年9月19日閲覧。
  54. ^ ヌランド米国務次官が退任へ、ウクライナの強力な支持者ロイター 2024年3月6日
  55. ^ Were 1998 Memos a Blueprint for War?” (英語). ABC News. 2021年1月10日閲覧。
  56. ^ 「挑発」では解決せず 尖閣問題で米報道官 日本経済新聞
  57. ^ 米報道官、山本さんに追悼の意 - 日本経済新聞
  58. ^ 「偶発的な事件や誤算高める」 米報道官が懸念 - 産経新聞、2013年2月6日閲覧。
  59. ^ Jo Biddle (2014年2月7日). “米国務次官補が「EUくそくらえ」、電話盗聴され暴露”. AFP. AFPBB News. https://www.afpbb.com/articles/-/3007954 2014年2月9日閲覧。 
  60. ^ “ヌーランド国務長官補とパイエト大使の会話 ウクライナの綱引き EUから米国へ (ビデオ)”. The Voice Of Russia. (2014年2月7日). https://web.archive.org/web/20140210120633/http://japanese.ruvr.ru/2014_02_07/128416921/ 2022年7月6日閲覧。 
  61. ^ “米国はウクライナの「民主主義支援」に50億ドル拠出した”. The Voice Of Russia. (2014年4月22日). https://web.archive.org/web/20140509002053/http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_22/beikoku-ukuraina-okane/ 2022年7月6日閲覧。 
  62. ^ "Remarks at the U.S.-Ukraine Foundation Conference" (Press release) (英語). U.S. Department of State. 13 December 2013. 2022年7月6日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

外交職
先代
ニコラス・バーンズ
アメリカ合衆国NATO常任委員代表
2005年 - 2008年
次代
Kurt Volker
公職
先代
Philip Crowley
アメリカ合衆国国務省報道官
2011年 - 2013年
次代
ジェン・サキ
先代
Philip Gordon
アメリカ合衆国国務次官補(ヨーロッパ・ユーラシア担当)
2013年 - 2017年
次代
John A. Heffern(代行)
先代
David Hale
アメリカ合衆国国務次官(政治担当)
2021年 - 2024年
次代
John R. Bass(代行)