山本尚敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 尚敏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 1916年11月15日
身長
体重
167 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1948年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 尚敏(やまもと ひさとし、1916年11月15日 - )は、神奈川県出身のプロ野球選手内野手外野手)。

来歴・人物[編集]

関東中学校では、1934年の夏の甲子園に出場[1]。卒業後は日本大学に入学するが、中退して簡易保険局でプレーした。

1936年大東京軍結成に参加する。1938年秋になると大友一明に代わって正二塁手に入り、1939年には松岡甲二との併用であったが遊撃手としてチーム最多の61試合に起用され、打率.189ながら規定打席に到達した(リーグ55位)。この年の10月20日の対阪急軍戦では日本プロ野球記録となる同一守備位置(遊撃手)での5失策を犯している[注釈 1]

戦後は1946年中部日本に入団して日本プロ野球に復帰。主に内野手の控えを務めるが、1947年に代走で12試合に起用されると、翌1948年には代走として18試合出場で20盗塁を記録。代走での20盗塁は長らく日本プロ野球記録であった[注釈 2]。シーズンでも26盗塁に対して失敗はわずか2で.929の高い成功率を挙げた。また、この年の7月5日対阪急戦では8回に代走に起用されると1イニングで二盗を2度成功させる珍記録を作っている。同年限りで退団・引退。

引退後は接骨院を経営した[1]。弟の山本秀男山本達男もプロ野球でプレーしている[2]

選手としての特徴[編集]

打力に難があって出場機会は限られていたが、よく代走に起用されては投手のモーションを盗んでディレードスチールを成功させていた[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 大東京
ライオン
5 19 18 1 3 0 0 0 3 1 0 -- 0 -- 1 -- 0 5 -- .167 .211 .167 .377
1938 5 24 21 2 2 0 0 0 2 1 1 -- 1 -- 2 -- 0 2 -- .095 .174 .095 .269
1938 34 113 92 15 19 1 1 2 28 10 3 -- 3 -- 17 -- 1 15 -- .207 .336 .304 .641
1939 75 254 217 23 41 4 1 0 47 11 6 -- 6 1 30 -- 0 42 -- .189 .287 .217 .504
1940 21 72 59 8 8 0 1 0 10 1 6 -- 0 0 13 -- 0 9 -- .136 .292 .169 .461
1946 中部日本
中日
20 45 37 8 6 3 0 1 12 7 0 1 0 -- 8 -- 0 4 -- .162 .311 .324 .635
1947 42 71 61 10 17 3 1 0 22 6 7 6 2 -- 8 -- 0 7 -- .279 .362 .361 .723
1948 52 53 48 14 7 1 1 0 10 7 26 2 1 -- 3 -- 1 5 -- .146 .212 .208 .420
通算:7年 254 651 553 79 103 12 5 3 134 44 49 9 13 1 82 -- 2 89 -- .186 .293 .242 .535
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大東京(大東京軍)は、1937年秋季にライオン(ライオン軍)に球団名を変更
  • 中部日本は、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

記録[編集]

その他の記録

背番号[編集]

  • 15 (1938年 - 1940年)
  • 6 (1946年 - 1948年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 複数守備位置では1949年に記録した木塚忠助の6個が最高。
  2. ^ 1978年藤瀬史朗が25個で記録更新。

出典[編集]

  1. ^ a b 『プロ野球人名事典』523頁
  2. ^ 『プロ野球記録大鑑』1050頁
  3. ^ a b 『プロ野球記録大鑑』729頁
  4. ^ 『プロ野球記録大鑑』724頁
  5. ^ a b 『プロ野球記録大鑑』723頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]