山中商会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中商会
Yamanaka & Co., Ltd.[1]
Yamanaka & Co. HQ.jpg
高麗橋一丁目にあった山中商会本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
542-0081
大阪府大阪市中央区南船場二丁目11番9号 チサンマンション心斎橋417号室[1]
設立 1918年大正7年)6月
業種 小売業
事業内容 古美術品の販売、情報提供[1]
代表者 山中讓(代表取締役社長)[1]
資本金 1,000万円[1]
関係する人物 山中定次郎
外部リンク http://yamanaka-syokai.com/
テンプレートを表示

山中商会(やまなかしょうかい)は、日本の美術商社。江戸時代大坂の経師伊丹屋を起源とし、明治時代以降ニューヨークボストンシカゴロンドン等に支店を設けて日本美術品を輸出、1900年代以降は中国で大量に買い付けた品を欧米に流し、巨万の富を築いたが、第二次世界大戦で在外支店の多くは閉鎖して大半の資産を失い、戦後はニューヨーク支店、阪急百貨店内店舗で営業を続けた。

歴史[編集]

山中家[編集]

初代、二代吉郎兵衛と角山中箺篁堂店舗

山中家は宝暦年間摂津国伊丹庄屋を務めた家柄で、文政年間初代吉兵衛が大坂天満大工町に分家し、経師伊丹屋を営んだ[2]。二代目吉兵衛の長男三代目吉兵衛は天満に残った一方、次男吉郎兵衛は北浜角、養子与七は高麗橋一丁目に独立し、それぞれ天山、角山、高山と通称された[2]

ニューヨーク支店長山中定次郎、ロンドン支店長山中六三郎、ボストン支店長山中繁次郎

1886年(明治19年)6月15日山中吉兵衛は京都市真葛原での美工商社の設立に参加し、外国人向けの美術品の陳列販売に関わった[3]

1894年(明治27年)11月3日山中家は山中定次郎、山中繁次郎をニューヨークに派遣し、西27丁目に支店を開設、1898年(明治31年)秋一等地の5番街に進出した[4]

ボストン支店

1897年(明治30年)にはビゲローモースフェノロサ等顧客の住むボストンに進出し、ボイルストン・ストリート英語版272番地に店を構えた[5]

合名会社山中商会[編集]

ロンドン支店

1900年(明治33年)2月東区北浜二丁目に合名会社山中商会を設立し、社長には吉郎兵衛が就任した[2]、同年、アメリカに需要の乏しい陶磁器類の販路を拓くため[6]ロンドンに山中六三郎、富田熊作、岡田友次を派遣し[7]、ニュー・ボンド・ストリート英語版に開店した[8]。1919年(大正8年)12月1日ジョージ5世、1920年(大正9年)2月10日メアリー王妃よりロイヤル・ワラント英語版を受けた[9]

1904年(明治37年)上福島二丁目に村上九郎作を工場長とする輸出向け工芸品製作工場を新設したが、1909年(明治42年)7月20日大火で焼失し、廃止された[10]。また、1905年(明治38年)7月高麗橋一丁目機械類輸入の山中輸入合資会社を設立したが、これも長くは存続していない[8]

北京支店
恭親王府正殿前の山中定次郎、六三郎等 1912年(明治45年)3月

なお、この頃日本では古社寺保存法等の整備によって美術品の仕入が難しくなった一方、中国では義和団事件等の動乱によって美術品が大量に売り出され、1908年頃から取扱品は中国美術品にシフトしていった[11]。1912年(大正元年)3月頃には恭親王の所蔵品を丸ごと買い取ってニューヨークとロンドンで売り捌き、名声を高めた[12]。1917年(大正6年)出張所とした粛親王家旧邸には、本社から人が来た際には、毎朝屋敷前の広場に200人のバイヤーが押しかけたという[13]

株式会社山中商会[編集]

1916年(大正5年)2月京都支店が山中合名会社として独立[8]、1917年(大正6年)12月の吉郎兵衛の死去契機とし、1918年(大正7年)6月高麗橋一丁目に株式会社山中商会を設立、8月北浜の吉郎兵衛店は合資会社山中吉郎兵衛商店に改組し、前者が海外での美術品流通事業、後者が国内での茶道具販売を担当した[14]

1921年(大正10年)7月には高麗橋一丁目に欧米雑貨輸入を目的とする合資会社山中商店が設立されているが、詳細は不明である[15]

シカゴ支店

1928年(昭和3年)シカゴノース・ミシガン・アベニュー英語版846番地に支店を開いた[16]

1930年(昭和5年)アメリカでスムート・ホーリー法により関税が引き上げられたが、1830年以前製作の美術品は対象外とされたため、本来対象となる仕入値についても対象外のものとして報告することで1934年(昭和9年)から継続して脱税に手を染め、1939年(昭和14年)6月アメリカ合衆国財務省に摘発された[17]

戦中[編集]

1930年代には満州事変が勃発し、中国での仕入れは年々困難になったが[18]、1940年(昭和15年)北京に北支硝子工業株式会社、上海に出張所を開設している[19]。しかし、国際情勢は日に悪化し、1940年(昭和15年)6月にはドイツ軍によるパリ陥落を受け、21日ロンドン支店員は榛名丸で日本へ脱出した[20]

1941年(昭和16年)7月21日アメリカは日本の仏印進駐を受けて日本人の資産凍結が行われ、大阪本社で対策を検討中、真珠湾攻撃が起こり[21]、アメリカ3店は12月7日財務省[22]、1942年(昭和17年)6月16日敵国資産管理人局英語版の支配下となり[23]、1944年(昭和19年)閉店した。

戦後[編集]

戦後、山中商会は全財産の8割を占めたといわれる在外資産を失い、長く会社を支えた宮又一、田中兵三、中川金正、森太三郎等が相次いで死去、定次郎から実子吉太郎への引き継ぎもうまく行かず、組織として機能不全に陥った[24]。また、戦後は中国でも古美術品の管理が厳しくなり、中国で古美術品を大量に買付けて欧米に流すという山中商会の業態は完全に過去のものとなった[25]

アメリカでは山中豊次郎がニューヨーク支店を存続させたほか、八橋春通が旧ボストン支店、永谷寿三が旧シカゴ支店、瀬尾梅雄がマディソン街で独立して美術商を続けた[25]

1950年代、高麗橋の本店は2500万円で山本為三郎に買収されて内平野町に移転し、阪急百貨店美術街に店舗を存続させた[25]

1965年(昭和40年)秋ニューヨーク支店の古参社員A・セオドア・テーバーが死去し[26]、1966年(昭和41年)9月30日閉店した[25]。2003年(平成15年)には阪急百貨店内の店舗も閉店した[27]

現況[編集]

四代目山中讓は、丸紅で業務部門・繊維部門の取引に携わり、2004年(平成16年)山中商会の代表取締役社長に就任した。同年に中華人民共和国文化部恭王府中国語版管理センターの訪問を受け、翌年の2005年に恭王府を93年ぶりに訪問した。1912年(大正元年)に買い取った旧蔵品について情報提供と修復に尽力した。[1][28]

拠点[編集]

バーハーバー支店

この他、クリーブランドロードアイランドサウサンプトンレノックスマグノリアにも季節開業の支店が存在した[45]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 会社概要 - ウェイバックマシン(2015年4月8日アーカイブ分)
  2. ^ a b c 山本 2008, p. 372.
  3. ^ 山本 2008, p. 376.
  4. ^ a b 朽木 2011, pp. 75-76.
  5. ^ a b 朽木 2011, pp. 76-78.
  6. ^ 桑原 1967, p. 158.
  7. ^ 渡辺 1939, p. 16.
  8. ^ a b c d e 山本 2008, p. 373.
  9. ^ 渡辺 1939, p. 24.
  10. ^ 渡辺 1939, pp. 21-22.
  11. ^ 朽木 2011, pp. 133-134.
  12. ^ 朽木 2011, p. 137.
  13. ^ a b 桑原 1967, p. 157.
  14. ^ 山本 2008, pp. 374-375.
  15. ^ 山本 2008, p. 375.
  16. ^ a b 朽木 2011, p. 166.
  17. ^ 朽木 2011, pp. 203-204.
  18. ^ 朽木 2011, p. 179.
  19. ^ 朽木 2011, pp. 212-213.
  20. ^ 朽木 2011, pp. 208-210.
  21. ^ 朽木 2011, pp. 224-227.
  22. ^ 朽木 2011, p. 228.
  23. ^ 朽木 2011, p. 242.
  24. ^ 桑原 1967, p. 161.
  25. ^ a b c d 桑原 1967, p. 162.
  26. ^ 朽木 2011, p. 296.
  27. ^ 朽木 2011, p. 295.
  28. ^ 张 2005.
  29. ^ 渡辺 1939, p. 7.
  30. ^ 朽木 2011, pp. 147-151.
  31. ^ a b c 朽木 2011, p. 180.
  32. ^ 朽木 2011, p. 265.
  33. ^ 朽木 2011, p. 145.
  34. ^ 朽木 2011, p. 189.
  35. ^ 朽木 2011, p. 262.
  36. ^ 朽木 2011, p. 104.
  37. ^ 朽木 2011, p. 183.
  38. ^ 朽木 2011, p. 210.
  39. ^ a b c 山本 2008, p. 374.
  40. ^ a b 朽木 2011, p. 76.
  41. ^ 朽木 2011, p. 153.
  42. ^ 朽木 2011, p. 128.
  43. ^ a b 朽木 2011, p. 168.
  44. ^ 朽木 2011, p. 169.
  45. ^ 桑原 1967, p. 160.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]