粛親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

粛親王(しゅくしんのう、満州語ᡫᠠᠸᡠᠩᡤᠠ
ᠴᡞᠨ ᠸᠠᠩ
、転写:fafungga cin wang)は、の皇族。粛親王家は太宗ホンタイジの長子ホーゲに始まり、清朝八大世襲家の筆頭といわれた満州鑲白旗の名家である。

初代粛親王ホーゲは清朝建国時期の征戦で活躍したが、異母弟順治帝の摂政となった叔父ドルゴンによって罪に落とされ獄死した。順治帝はドルゴン死後にホーゲの名誉を回復し、廃されていた粛親王の爵位も復活した。

第10代粛親王善耆は、清末に立憲君主制による近代化改革を推進し、辛亥革命後に清朝復辟運動を行った。善耆の第14王女愛新覚羅顯㺭(㺭は王偏に子)は、川島浪速の養女となって川島芳子を名乗った。

粛親王家の人物[編集]