尾久橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都荒川区から。手前は日暮里・舎人ライナーの橋梁(2008年5月)
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
東京都道58号標識

尾久橋(おぐばし)は、隅田川にかかる都市計画道路放射11号尾久橋通り東京都道58号台東川口線)を通す。北岸は足立区小台1丁目、南岸は荒川区東尾久8丁目。橋名は荒川区の地名にちなむ。

昭和7年(1932年荒川放水路の開削時に創架された。初代の橋はカンチレバープレートガーダー形式で、橋梁設計は白鬚橋十三大橋などを担当した橋梁技術者の増田淳であった。のちに交通量の増大に伴い、老朽化が進み 昭和43年(1968年)5月に現在の橋に架け替えられた。

隅田川に架かる橋であるが、北岸部で扇大橋と直接つながっており、通行する人には一つの橋と思われている。

現在の橋の概要[編集]

  • 種別 - 鋼道路橋
  • 形式 - 3径間連続鋼床鈑箱桁橋
  • 橋長 - 431.0m
  • 幅員 - 24.0m
  • 竣工 - 昭和43年(1968年)5月
  • 事業主体 - 東京都

路線バス[編集]

隣の橋[編集]

(上流) - (首都高速中央環状王子線) - 小台橋 - 尾久橋 - (東京都交通局日暮里・舎人ライナー) - 尾竹橋 - (下流)

座標: 北緯35度45分13秒 東経139度46分12秒 / 北緯35.75361度 東経139.77000度 / 35.75361; 139.77000