蔵前専用橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都台東区から(2008年5月)
橋名板・東京都墨田区から(2008年5月)

蔵前専用橋(くらまえせんようきょう)は、隅田川にかかるNTT東日本蔵前通信ビルと対岸を結ぶ。西岸は台東区蔵前一丁目、東岸は墨田区横網一丁目。名称は「NTT蔵前専用橋」とも。当初は旧電電公社時代に作られたこともあり、「電電蔵前専用橋」とも呼ばれた。

日本で初めての洞道(通信線トンネル)専用橋で、水道橋も兼ねる。特徴として洞道内部の夏期の高温時対策のために換気用の窓が設置されている。橋上には立ち入りすることはできない。

蔵前橋の南側に近接しており、白い箱形の躯体で、橋からの景観を損ねるという意見も見られる[要出典]2009年には耐震補強工事が行われた。

橋の概要[編集]

  • 構造形式
3径間連続鋼箱桁橋

隣の橋[編集]

(上流) - 厩橋 - 蔵前橋 - 蔵前専用橋 - 隅田川橋梁 - 両国橋 - (下流)

関連項目[編集]

座標: 北緯35度42分01秒 東経139度47分35秒 / 北緯35.70028度 東経139.79306度 / 35.70028; 139.79306