尚典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尚典
第二尚氏
Marquis Sho Ten.JPG
尚典侯(『那覇百年のあゆみ』より)

称号 中城王子
全名 朝弘(和名)
出生 (1864-09-02) 1864年9月2日
琉球国首里
死去 (1920-09-20) 1920年9月20日(56歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国沖縄県首里区
埋葬 大日本帝国の旗 大日本帝国沖縄県首里区玉陵
配偶者 尚祥子
子女
父親 尚泰
母親 章氏思真鶴金
テンプレートを表示

尚 典(しょう てん、1864年9月2日同治3年8月2日) - 1920年大正9年)9月20日[1])は、琉球王国最後の世子日本政治家中城王子位階従二位勲等勲四等

生涯[編集]

最後の琉球国王である尚泰王の長男として生まれる。琉球処分後に東京府に移住する。父の没後、第二尚氏の第20代当主となった。侯爵を襲爵し、貴族院議員などを歴任した。

年譜[編集]

尚典侯の葬儀
尚 典
しょう てん
所属政党 無所属
称号 従二位
勲四等
侯爵
親族 尚泰(父)
尚順(弟)
漢那憲和(義弟)
尚昌(長男)
井伊直愛(義孫)

大日本帝国の旗 貴族院議員
選挙区 侯爵議員
在任期間 1901年8月31日 - 1920年9月20日
テンプレートを表示

栄典[編集]

家族[編集]

  • 父:尚泰
  • 母:佐敷按司加那志
  • 妻:祥子(野嵩按司加那志、金武御殿13世・金武朝穏の長女、童名・真嘉戸金、1865年(同治3年)7月16日生)
  • 子女
    • 長女:延子 - 今帰仁御殿3世・今帰仁朝英に嫁ぐ
    • 長男:
    • 次男:景(1889年(明治22年)9月生)
    • 三男:旦(1890年(明治23年)11月28日生)
    • 四男:暢(1899年(明治32年)2月生)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2447号「帝国議会」1920年09月28日。
  2. ^ 『帝国議会会議録』第16議会 貴族院「貴族院議員の異動」。
  3. ^ 『帝国議会会議録』第17議会 貴族院「貴族院議員の異動」。
  4. ^ 『官報』第5842号「叙任及辞令」1902年12月22日。
  5. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  6. ^ 『官報』第7955号「叙任及辞令」1909年12月28日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第1630号「叙任及辞令」1918年1月11日。
日本の爵位
先代:
尚泰
侯爵
尚家第2代
1901年 - 1920年
次代:
尚昌
その他の役職
先代:
尚泰
第二尚氏当主
第20代:1901年 - 1920年
次代:
尚昌