小飼弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こがい だん
小飼弾
生誕 (1969-08-17) 1969年8月17日(50歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 カリフォルニア大学バークレー校中退
職業 プログラマ、書評家、実業家
著名な実績 Jcode.pmの開発

小飼 弾(こがい だん、1969年8月17日 - )は、日本のオープンソース開発者。コンピューターネットワークの構築・機材販売、文書翻訳、コンサルティング業務などを行なう、株式会社ディーエイエヌの代表取締役。dankogaiダンコーガイと呼ばれることもある。

その膨大な読書量からなる書評などを主な題材とするブログで知られ、アルファブロガーを自認する。オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)の元取締役。

人物[編集]

歌代和正開発のjcode.plを基に、モジュール化やUTF-8の対応を施したJcode.pmを開発したことで知られる。その後、プロジェクトEncode Module(Encode.pm)のメンテナンスとPerlバージョン5.8の開発に携わった。

彼の人生は本によって作れられてきたと言っても過言ではないという[1]

ブログではプログラミングからテクノロジー、アニメニコニコ動画といったオタクサブカルチャーまで、ギークを指向する話題を中心に扱っている。また、ブログで度々行っている書評は、印税より書評投稿により得られる本のアフィリエイトの方が収益がよいと自ら言及するほどの人気を集めている。その影響力から、ブログ上で書評を書いてもらうことを目的として、出版社や著者などから数多くの本の贈呈を受けており、その数は1ヶ月に300冊にも達する[2]。本を読むのが速く[3]1時間に10冊もの本を読める[4]。1日に5~6冊ブログに載せてる日もある[5]。読むだけなら今の5倍は大丈夫だと言うが、そこまで手が動かない[5]1冊を10分で読む[5]

献本はいつでも大歓迎[5]

将来的には紙の本は9割方姿を消すというのが持論[2]

MacintoshiPhoneを愛用している。を蓄えており、江川達也と風貌が似ている[6]。自宅マンションが映画『バベル』に使用されている[7]

現在の収入は主に投資から得ている。今は外貨投資が中心[5]

日本語話者の減少に憂いている。言語の強さは経済にも直結するので、言語力の弱さは日本の国力低下も招く。また、言語は文化的多様性の根本であり、文明の仲介者でもあるので、一言語の衰退はほかの言語にとっても危機を招くと考えている[5]

来歴[編集]

東京都出身。初めて言葉を話したのは3歳位と遅かった(5歳説もある)[8]。父親から日常的に怒られ、暴力を振るわれ育つ[9][10]。基本的には父が家にいる週末はあまり家にいないようにしていた[1]。ルービックキューブを子供のころに目をつぶった状態で、解法を自分で見つけて日常的に解いていた[8]

中学へ入学するが学校教育に疑問を感じ、中学2年生頃から学校には行かなくなった。「行ってもしかたがない」ということがわかったからだった。地理の授業で本質的な正しい答えを言ったにもかかわらず、廊下に立たされたこともあった。こうしたことが続き「しばらく学校へは行かない」宣言をした。そして自分の力で学びの場を作ることに決めた[1]

学校行かなくなった代わりに、図書館百科事典など様々な本をむさぶり読んでいた。学校の大多数に教える最大公約数的な教え方は効率が悪く、こちらのほうが勉強に無駄がなかった[1]。それでも定期試験の際には登校して試験を受け、テストは100点、常に1位か2位の成績を取ったという[1]。しかし教師から反感を買っており5段階評価中4か3だった[8]

公立の図書館に行くのは「陽気な逃避」だった。図書館は弾にとって最高の遊園地だった。図書館では借りられる冊数は1人10冊までだったとても足りず1家全員の名義を借りるだけでも足りず他の人の名義も借りて1つも1度に70~80冊くらい借りていた。カバンでは入り切らないので段ボール箱を持っていって、それに入れていた[1]

中学卒業後すぐに16歳で大検取得し、17歳でカリフォルニア大学バークレー校に入学する[11]。日本では大検の効力が発生するのが18歳のため、留学するまでは家庭教師や塾講師として年上の生徒を教えていた[12]。また肉体労働の経験もしている[13]。大学時代は入学当初は分子生物学を選択していたが、実験がヘタで、データをいじるときにコンピュータを使い始めた[5]

大学4年の時に実家が全焼、学校を休学する[8]。コツコツ貯めていた7000~8000冊の本が灰になった[1]。大学で学んだコンピュータで生計を立て、29歳の時オン・ザ・エッヂ堀江貴文元社長にヘッドハンティングされる[8]

PerlのEncode Moduleのメンテナンスをしている。Ver5.8の開発にもかかわった[5]

年譜[編集]

プログラミング関係[編集]

今でもプログラムを書いており、内容は様々。受け身の性格なので、「弾さんでないと無理かな」と依頼される仕事が多い。仕様さえくれれば何でもつくれ、予算をもらえればGoogleのシステムでさえ開発できる[5]

単にプログラミングをするのではなく、「プログラム+α」が大事だと思っている。プログラミングは、コンピュータ上で何かを動かす仕組みをつくる手段、コンピュータが解釈できる段取りを組む手段であって、それ自体は全然大したことがない。大切なのはプログラマが「何をするか」を決めることである[5]

持論[編集]

新書を読むべきとしている。新書は“本の器”としてベストな形状で、手に持ちやすく、適度にしなるので読みやすい[14]

エピソード[編集]

Perlの開発者であるラリー・ウォールと親しい。も「Perlは世界初のポストモダン・プログラミング言語である」というスピーチを貰ったことがある[5]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

備考[編集]

英語版ウィキペディアには「Naked Gun」や「Eat It」の項目が存在するということで、日本語版にスタブ状態の「窓の社」(インプレスによる窓の杜のセルフパロディ)を立項したところ、直ちに削除審議にかけられ消されたため、ウィキペディア日本語版を「他人の行為にケチをつけずにはいられない人たちが集まっている場所のようだ」と批判している[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]