小泉淳作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小泉 淳作(こいずみ じゅんさく、1924年10月26日 - 2012年1月9日)は、日本日本画家、陶芸家。

来歴・人物[編集]

神奈川県鎌倉市生まれ。政治家小泉策太郎の七男で、俳優小泉博は弟にあたる。山本丘人に師事し、1952年東京藝術大学日本画科を卒業。その後デザイナーとして活動し、陶芸家としても注目された。その間も日本画を画き続けたが、日本画家として注目を浴びたのは1970年代半ばである。最近の重要な作品としては、建仁寺および建長寺の天井画がある。陸軍予備士官学校の経験からか戦争には強烈な嫌悪感をもつ[1]

2012年1月9日に肺炎のため死去[2]

家族[編集]

  • 父:小泉策太郎(立憲政友会所属の政治家)
  • 母:大内ふみ
  • 同母弟:汪(ひろし、俳優の小泉博)
  • 異母兄弟姉妹多数、詳細不明(小泉策太郎の正妻には子がいない)[3]

5歳のとき実母が急死し、東京広尾の本宅に移り住む。13歳のとき父小泉策太郎死去。

学歴[編集]

  • 小学校:慶應義塾幼稚舎
  • 中学校:慶應義塾普通部
  • 慶應義塾予科仏文
  • 1943年(昭和18年) 4月 東京美術学校 入学
  • 1943年(昭和18年)10月 陸軍予備士官学校(応召)
  • 1945年(昭和20年) 7月 結核にて帰郷療養
  • 1948年(昭和23年) 4月 東京美術学校 復学
  • 1952年(昭和27年) 3月 東京美術学校 卒業

師および交友関係者[編集]

主要作品[編集]

  • 『奥伊豆風景』(山種美術館賞優秀賞・山種美術館蔵)、1977年
  • 『山を切る道』(国立近代美術館蔵)、1977年
  • 『新雪の鳥海山』(小泉淳作美術館蔵)、1994年
  • 建長寺『雲龍図』、2000年
  • 建仁寺『双龍図』、2001年
  • 東大寺 襖絵(鳳凰4面、飛天4面、散華4面、桜12面、蓮池16面)
  • 『東大寺別当清水公照師像』、1984年

個人美術館[編集]

後援者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『私の履歴書』(日本経済新聞2011年8月連載)
  2. ^ “日本画家の小泉淳作さん死去…建長寺に天井画”. 読売新聞. (2012年1月9日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120109-OYT1T00561.htm 2012年1月9日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ 『私の履歴書』(日本経済新聞2011年8月連載)

外部リンク[編集]