富山地方鉄道14720形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富山地方鉄道14720形電車
モハ14722
モハ14722
基本情報
製造所 日本車輌
主要諸元
軌間 1067 mm
電気方式 直流1500V
車両定員 130人
車両重量 35.05t
全長 18550 mm
全幅 2800 mm
全高 4150 mm
主電動機 TDK803-A
主電動機出力 110kW
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式
制御装置 抵抗制御
制動装置 HSC-D
テンプレートを表示
立山駅停車中の14720形(2014年9月20日)

富山地方鉄道14720形電車(とやまちほうてつどう14720がたでんしゃ)は、1962年に登場した富山地方鉄道(地鉄)の電車

概要[編集]

1962年にモハ14721・モハ14722の2両が日本車輌製造(日車)で製造された。10020形とほぼ同形で、10020形はMM'ユニット車であるのに対し、本形式は単独走行可能な1M方式である点と、主電動機の出力が高くなっている点が主な相違点である。製造当初はモハ14721-サハ222-モハ14722の3両編成であったが、1969年にサハ222はクハ170形に改造された。以後、モハ14720形とクハ170形の2両編成を組んでいる。

2014年現在、稼動中の地鉄の鉄道線車両の中では、最も古い車両となっている。

車体・機器[編集]

モハ10020形とほぼ同じ、全長18mの2扉車である。側面のデザインは、日本車輌が同時期に製造した名鉄5500系電車長野電鉄2000系電車と似通っている[1]。前面は2枚窓で、前照灯は窓上の中央と両端に3灯が配されている。塗色は登場当初、下半分が濃い橙、上半分が薄い橙であったが、その後白地に窓周りが薄い灰色で、窓下に赤の帯を入れる塗装になった。

車内の客席は、扉間にクロスシート、車端部にロングシートを配したセミクロスシートである。

主電動機は東洋電機製造製の定格出力110kw・端子電圧750VのTDK803-Aを1両に付き4個搭載しており、10020形の75kWに比べ出力アップが図られている。台車は、日車製の空気バネ台車・NA-307を装備している。

沿革[編集]

1969年5月に富山県で行われた全国植樹祭では、3両編成でお召列車として運用された。その際には、サハ222の車内の椅子を一部取り外し、ソファとテーブルを置いた。列車の前後には日章旗が取り付けられた。

2011年12月に全国公開された映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』では、主人公・滝島徹(三浦友和)が車掌として、吉原満(米倉斉加年)が運転士として乗務したという設定になっていた。

モハ14721は1986年、モハ14722は1987年に冷房化が行われ、あわせてヘッドライト2灯化・車体裾(台枠)部の直線化(絞りなし)・貫通路の狭幅化・手ブレーキ装置の撤去などの改造も行われた。その後ワンマン化改造も行われている。モハ14721は、さらにその後上半分が黄色・下半分が緑の新塗装とされている。

火災による焼損[編集]

2012年1月4日午前、立山駅に停車していた(電鉄富山駅行き)の14721編成(モハ14721-クハ171の2両編成)のうち、先頭車両であるモハ14721の床下から火が出て、同車両が全焼する事故が発生した[2][3]。乗客・乗員6名に怪我はなかった[2][3]。消防や地鉄によると、抵抗器が火元とされ、雪が何らかの影響を与えた可能性があるという[3]。 14721編成は、2013年9月18日上市駅に移送され、そこから伏木の車両解体工場へトレーラーで移送され解体された。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 但し、尾灯の形状は名鉄5500系・長野電鉄2000系は角形であるのに対し、本形式は丸形である。
  2. ^ a b 「地鉄電車1両が全焼」 読売新聞、2012年1月5日掲載。
  3. ^ a b c 「火災:地鉄車両が全焼 抵抗器から立山駅で出火、雪が影響か /富山」 毎日新聞、2012年1月5日掲載。