宮崎総五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮崎総五
Sogo Miyazaki.jpg
生年月日 文政11年8月1日1828年9月9日
出生地 駿河国有渡郡弥勒町
静岡県静岡市葵区弥勒二丁目)
没年月日 (1909-04-24) 1909年4月24日(80歳没)
死没地 静岡県安倍郡大里村弥勒
(静岡県静岡市葵区弥勒二丁目)
配偶者 後藤氏
親族 孫:宮崎喜久太郎(貴族院議員)

日本の旗 貴族院議員
選挙区 静岡県
当選回数 1回
在任期間 1889年9月29日 - 1897年9月28日

在任期間 1878年3月12日 - 1880年2月5日
テンプレートを表示

宮崎総五(みやざき そうご)は明治時代静岡県の政治家。幼名は喜久太郎、後に五郎左衛門[1]。号は桜蔭[2]駿府郊外の旧家に生まれ、幕末に勤皇家と接近し、明治時代静岡県政に関わり、初代有渡安倍郡長、第一回多額納税者議員を歴任した。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

文政11年(1828年)8月1日、駿河国有渡郡弥勒町の旧家宮崎五郎左衛門家に生まれた[1]。宮崎家は江戸時代初期の弥勒町一帯を開拓した家柄で、弥勒町は村方ではあったが、東海道府中宿の西外れで安倍川に接する交通の要衝であり、代々旅行者に休息所を提供していた。

高村保六に漢籍、鶴田卓池に俳歌、平田鉄胤皇学を学んだ[1]弘化元年(1844年)、父に倣い17歳で家業を継いだ[1]

幕末[編集]

嘉永7年(1854年)の安政東海地震では、自宅も被害を受ける中、大火を防ぐため奔走した[1]元治元年(1864年)弥勒町名主となり、安倍川の川越助郷、堤防修築等を統括した[1]。安政6年(1859年)1月13日、これらの善業が讃えられ、駿府町奉行鵜殿鳩翁に5貫文を下賜された[1]

幕末動乱にあっては、坂本龍馬原市之進綿引東海等勤皇家と交流を持ち、彼らが東海道を通過する際に宿を提供したという[1]

明治元年(1868年)戊辰戦争が勃発し、橋本実梁柳原前光率いる先鋒が駿府に来ると、萩原鶴夫と共に参与附属都筑九郎右衛門に会い、官軍への協力を求められた[1]

5月有栖川宮熾仁親王率いる本軍が駿府城に入ると、西郷隆盛林通顕玉手弘通、亀田喜代蔵等と会い、官軍への合流を求められたが、父に反対されたため、代わりに百姓稲葉彦兵衛以下5名を向かわせた[1]

10月明治天皇東行の際、安倍川に仮橋を設け、15日家を行在所として提供した[1]。明治11年(1878年)11月4日にも再び行在所となり、岩倉具視に褒詞を受けている[1]

静岡県政参画[編集]

明治元年(1868年)9月徳川家達駿府藩に赴任すると、その用達に指名され、水利路程係として治水を担当し、士格に列せられた[1]。明治2年(1869年)1月藩士として赴任した渋沢栄一の事業に参加し、商法会所附属、明治3年(1870年)常平倉監督を務めた[1]

明治5年(1872年)廃藩置県により静岡県が誕生すると、参事浅野氏祐より第五十区戸長を命じられ、人口調査を行った[1]

明治4年(1871年)安倍川は川越から渡船に変更されたため、富士川天竜川の船頭を雇い、失業した人足に漕法を習わせたが、上達せず、明治6年(1873年)安水橋建設を計画し、翌年竣工した[1]。明治9年(1876年)には、杉山喜平治、仁藤延吉、水谷九郎平等地元の有力者と共に宇津ノ谷峠に隧道を開削した[1]

明治8年(1875年)権令大迫貞清の下で学校200校余りを新設し、8月15日勧業係兼務、12月教部省中講義、明治9年(1876年)6月第四五大区区長兼管内民費取調係を歴任した[1]。明治9年(1876年)足柄県伊豆国部分が静岡県に併合されると、県大属永峰弥吉韮山町に出張し、地元の区戸長等と討議を行った[1]

明治8年(1875年)、出島竹斎山村嘉平福島茂平と共に、久能山東照宮社金2万8千円の取扱を命じられ、資金運用により明治20年(1887年)には10万円余に増殖させた[1]

明治9年(1876年)2月宅地内に朝陽義塾を設立し、学者を招いて漢学、洋学を教えた。英学は箕作秋坪門下梅沢武雄が担当し、福島勝太郎、荻原太郎次郎、堀田録多、巻本角太郎等が輩出されたが、明治11年(1878年)には官立中学校が設立されて役目を終え、明治15年(1882年)頃廃校した[3]

明治9年(1876年)6月6日静岡県顧問となり、地租改正に際し有渡郡安倍郡志太郡益津郡庵原郡5郡を担当し、静岡市の地価設定に関わった[1]

明治11年(1877年)郡区町村編制法が制定され、明治12年(1878年)3月12日から明治14年(1880年)2月5日まで有渡安倍郡長を務めた[4]

明治11年(1878年)静岡病院設立に際し資金を負担した[1]

貴族院議員選出[編集]

明治22年(1889年)2月貴族院令が発布されると、6月10日互選会で県下多額納税者15名より最多得票を集め、貴族院議員に選出され[1]東京市に出て麹町区飯田町三丁目27番地に住んだ[5]。この時納税額は1,728円74銭5厘で、富士郡松永安彦掛川市山崎千三郎に次いで県下第三位[6]

明治29年(1896年)、日本勧業銀行法案、農工銀行法案の審議に参加している[7]。明治30年(1897年)任期を終えて帰郷した。

明治42年(1909年)4月24日午前10時病没し、28日寺町興禅寺で葬儀が行われた[8]

宮崎家[編集]

先祖宮崎五郎左衛門英一は武田信玄武田勝頼に仕えた後、天正3年(1575年)駿河国安倍川沿岸に土着し、土地を開拓した[1]。その子源右衛門英通は修験者となり弥勒院を建てたが、還俗してこれを大名の休憩所とした[1]

  • 父:五郎左衛門英照 - 宮崎家11代目[1]
  • 母:恵津 - 宮崎五郎三郎女[1]
  • 弟:安五郎[1]
  • 妻:後藤氏[1]
  • 孫:喜久太郎[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 前島豊太郎『宮崎総五君之伝』前島豊太郎、明治23年
  2. ^ 富田鉄之助「経済纂論序」大島貞益『経済纂論』野崎鶴吉、明治33年
  3. ^ 飯田宏『静岡県英学史』国宝社、1967年 p.33-34
  4. ^ 『静岡県安倍郡誌』安倍郡時報社、大正3年 p.119
  5. ^ 『日本紳士録』第2版、交詢社、明治25年 p.600
  6. ^ 後藤本馬編『帝国議会議員選挙者名鑑』金松堂、明治23年6月 p.35
  7. ^ 『第九回帝国議会貴族院日本勧業銀行法案、農工銀行法案特別委員会速記録第一号』明治29年3月19日
  8. ^ 東京朝日新聞』明治42年4月27日 p.7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]