宗谷黒牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
農業生産法人株式会社宗谷岬牧場
種類 農業法人株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
098-6758
北海道稚内市宗谷岬328番地
設立 2007年平成19年)3月6日
業種 水産・農林業
事業内容 酪農事業、肉用牛の繁殖生産および育成・肥育事等
代表者 阿部忠男
資本金 3,000万円
外部リンク http://www.soyamisaki-farm.co.jp/
テンプレートを表示
宗谷黒牛のサーロイン

宗谷黒牛(そうやくろうし)は、北海道稚内市に存在する宗谷岬牧場で生産される日本最北のブランド牛肉の銘柄である。

概要[編集]

宗谷黒牛は、黒毛和種、黒毛和種とアンガス種または黒毛和牛とホルスタイン種の交雑種などで宗谷岬牧場が独自に定める「生産基準」に基づいた品種である。宗谷岬牧場が定める独自の「飼料給与マニュアル」に沿って肥育され、北海道遺産である宗谷丘陵に広がる広大な牧草地で放牧されている。肉質は黒毛和牛の長所を受け継いでおり、柔らかな肉質、適度なサシ、脂の甘みが特徴である。生産規模は年間1,000頭程度と非常に希少であり、宗谷管内のほか首都圏などで取引される。

歴史[編集]

1983年、稚内市など宗谷管内7市町村および7農協が出資者となり、社団法人宗谷畜産開発公社を設立。肉牛専門の直営農場「宗谷岬肉牛牧場」を開設し、「宗谷黒牛」の飼育を開始する。2007年、社団法人宗谷畜産開発公社は、生産施設等を株式会社宗谷岬牧場(農業生産法人株式会社ジェイイーティーファームの関連会社)に売却し、営業を承継した。

用途[編集]

宗谷黒牛は、主にステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉などの牛肉料理に用いられる。稚内市内では握り寿司で提供する店も多い。株式会社宗谷岬牧場は、宗谷黒牛を用いた冷凍ハンバーグを製造販売している。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]