宗谷丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宗谷丘陵、1977年撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

宗谷丘陵(そうやきゅうりょう)は、北海道稚内市の宗谷岬南部に広がる日本最北の丘陵地帯。

概要[編集]

宗谷丘陵は、宗谷岬南部に広がる標高20メートルから400メートルまでのなだらかな丘陵地帯。地形は、地理学者・鈴木秀夫東大名誉教授により、2万年前の氷河期に形成されたものと確認され、北から南に向かい標高が高くなり、緩やかに起伏しているが、深い谷はほとんど存在しない。明治期の山火事によって樹木が消失した。気温が上がらず強風が吹くため、現在も樹木が回復していない。そのため、樹木にさえぎられることなく、肉眼で周氷河地形を見ることができる数少ない場所となっている。

宗谷岬アメダス (1981年-2010年)の気候資料
[1] 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均風速 8.5 7.7 7.9 7.5 7.3 6.5 6.0 6.0 6.6 7.8 9.0 9.1
最多風向 西北西 西北西 南西 南西 南西 東南東 東南東 東南東 南西 西北西 西北西 西北西


宗谷丘陵と宗谷岬
宗谷丘陵の周氷河地形

観光用途[編集]

  • 「宗谷丘陵の周氷河地形」として北海道遺産に登録されている[2]
  • 宗谷丘陵フットパスコースは、日本最北のフットパスコースである。
  • 宗谷丘陵展望休憩施設(ゲストハウスアルメリア)
    無料の展望施設。オランダ風の風車が目印。施設内のレストランでは宗谷黒牛のステーキなどを食べることができる。稚内特産品の売店もある。営業時間は9:00 - 17:00(ただし6月末 - 8月は18:00まで、9月 - 10月は16:00まで)。11月4日から4月30日までは冬季休業。
  • シェルロード
    宗谷丘陵を分け入った場所にある未舗装の脇道には、北海道特産のホタテの貝殻を砕いたものを撒いているところがある。このため、轍(わだち)は真っ白く見え、丘陵の緑の草原と相まって他では見られない風景となっている[3]

産業用途[編集]

道路[編集]

出典[編集]

  1. ^ 宗谷岬 平年値(年・月ごとの値) 詳細(風・日照)”. 気象庁. 2016年4月13日閲覧。
  2. ^ 「宗谷丘陵の周氷河地形」(稚内市)北海道遺産 2016年7月3日閲覧
  3. ^ 小川秀夫、栗栖国安、田宮徹 『ニッポン絶景ロード100』 中村純一編、枻出版社〈エイムック〉、2016年4月10日、24頁。ISBN 978-4-7779-3980-8

関連項目[編集]