天文館通停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天文館通駅から転送)
移動先: 案内検索
天文館通電停
天文館通電停(2006年12月)
天文館通電停(2006年12月)
てんもんかんどおり
Tenmonkan dōri
いづろ通 (0.3km)
(0.5km) 高見馬場
所在地 鹿児島県鹿児島市東千石町
駅番号 07 07
所属事業者 鹿児島市交通局
所属路線 鹿児島市電1系統
鹿児島市電2系統
(線路名称上は第一期線
キロ程 1.5km(鹿児島駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4,400[1]人/日
-2010年-
開業年月日 1914年7月22日
テンプレートを表示

天文館通停留場(てんもんかんどおりていりゅうじょう)は鹿児島県鹿児島市東千石町にある鹿児島市電電停。地元では天文館電停と呼ばれることが多い。天文館への最寄り駅である。

鹿児島市交通局の敷設する市内第一期線のうちの1駅で、鹿児島市電1系統2系統が使用する。

構造[編集]

2線2面のホームが設置されている。北側のホームが鹿児島駅前方面、南側のホームが高見馬場電停方面となっている。

歴史[編集]

  • 1914年7月22日 鹿児島電気軌道により天文館通電停として設置される[2]
  • 2004年10月23日 未明に天文館アーケードの改修工事を行っていたクレーン車が横転し市電の架線が切断される事故が発生した。けが人はなかったが市電の一部区間が始発から夕方まで運休となり、バスによる代替輸送が行われた。

路線バス[編集]

周辺[編集]

天文館は南九州最大の繁華街エリアであり、鹿児島名物の店が電停周辺の繁華街に集積しているので古くから観光コースに加えられている。中央の銀行、証券会社なども顧客の利便性を考え店舗を構えている。

  • 天文館通り - 地元では周辺に広がるアーケード街を総称して呼んでいる。
  • 千日町、山之口町、文化通り - 南九州最大の夜の歓楽街である。
  • タカプラ - ファッションビル。地元民に有名な待ち合わせスポットでもある。
  • 天文館公園
金融機関
飲食店
  • 天文館むじゃき - 鹿児島名物氷白くまの元祖の店。
  • 吾愛人(わかな) - 観光客に人気の居酒屋。
  • 熊襲亭・さつま路 - 郷土料理の専門店。
  • 鹿児島ラーメンの専門店
  • 唐芋ワールドフェスティバロ
  • 菓子之横丁
  • さつまいもの館 - 薩摩芋や薩摩芋を活用した各種食品を取り扱う。
コンビニエンスストア

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「鹿児島市新交通バリアフリー基本構想」
  2. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 12号 九州・沖縄』 p.50 新潮社
  3. ^ 2011年3月24日までは鹿児島県唯一のセブン銀行ATM設置店舗だったが、2台のATMの下部のパネル部分が野村證券のCIを象徴するグレー色である。

隣の停留場[編集]

鹿児島市交通局
鹿児島市電1系統・2系統
いづろ通電停 - 天文館通電停 - 高見馬場電停

関連項目[編集]

外部リンク[編集]