大波止停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大波止停留場
手前が築町方面、奥が長崎駅前方面ホーム
手前が築町方面、奥が長崎駅前方面ホーム
おおはと
OHATO
五島町 (0.4km)
(0.2km) 出島
所在地 長崎県長崎市江戸町2番1号先
駅番号 29
所属事業者 長崎電気軌道
所属路線 本線(1号系統・□2号系統
キロ程 5.8km(*赤迫起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,500人/日
-2015年-
開業年月日 1915年(大正4年)11月16日
備考 * 路線の起点は住吉停留場
テンプレートを表示

大波止停留場(おおはとていりゅうじょう、大波止電停)は、長崎県長崎市江戸町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。1号系統2号系統が停車する。

長崎港長崎県庁舎の最寄りの停留場である。みなと祭りや精霊流し長崎くんちの開催時は多くの利用者があるため、当停留場を始発として赤迫方面へ臨時列車が運行される。

歴史[編集]

大波止停留場は1915年(大正4年)に開業した[1][2]。長崎電軌の第1期線(築町 - 病院下間)開通と同日のことである[2][3]。停留場の位置と名前は開業以来一度も変更されておらず、これは長崎電軌の路線開業より存在する停留場では唯一[4][5]。ただ当停留場が長崎県庁舎の最寄りであることから、戦前には乗務員によって「大波止県庁前」と呼称されることもあった[5]

構造[編集]

大波止停留場は併用軌道区間にあり、ホームは道路上に置かれる[6][7]。ホームは2面あり、南北方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配されるが、互いのホーム位置は斜向かいに離れている[6][8]。北寄りにあるのが長崎駅前方面行きのホーム、南寄りにあるのが築町方面行きのホーム[6]

精霊流しの際は精霊船の走行経路上に長崎駅前方面ホームがあるため、危険防止のため交差点を挟んで南側に臨時のホームが設置され、通常のホームは閉鎖される。またこのときは混雑緩和のため停留場に改札係が配置され、通常の乗車扉からも降車できるような措置をとることが多い。

利用状況[編集]

長崎電軌の調査によると1日の乗降客数は以下の通り。

  • 1998年 - 1,644人[1]
  • 2015年 - 2,500人[9]

周辺[編集]

長崎県庁舎の最寄り停留場で[1]、周辺は長崎県の行政における中心地。大波止の交差点は市内でも有数の交差点である[5]

名前の通り長崎港の波止場も近く、五島列島伊王島など近くの離島行きの船便がフェリーターミナルから発着する[1][5]。1969年(昭和44年)までは港内で運航される連絡船も発着していて、大波止は連絡船と電車の乗り継ぎ停留場であった[5]。フェリーターミナルは1996年(平成8年)に付近の埋め立てに伴い移転したため、当停留場からは少し距離がある[10]。その埋め立て地にはショッピングセンター「ゆめタウン夢彩都」が開業している[10]

隣の停留場[編集]

長崎電気軌道
本線(1号系統・2号系統)
五島町停留場 - 大波止停留場 - 出島停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 田栗 & 宮川 2000, p. 57.
  2. ^ a b c 今尾 2009, p. 57.
  3. ^ 100年史, p. 129.
  4. ^ 岡田将平 (2016年1月27日). “路面電車の電停 西浜町なぜ二つ? /長崎”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 30 
  5. ^ a b c d e 田栗 2005, p. 32.
  6. ^ a b c 100年史, p. 130.
  7. ^ 川島 2013, p. 48.
  8. ^ 川島 2007, p. 119.
  9. ^ 100年史, p. 124.
  10. ^ a b 田栗 & 宮川 2000, p. 59.

参考文献[編集]

関連項目[編集]