新大工町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新大工町停留場
歩道橋より見下ろす。右側の建物は長崎玉屋
歩道橋より見下ろす。右側の建物は長崎玉屋
しんだいくまち
SHINDAIKU-MACHI
諏訪神社前 (0.2km)
(0.4km) 新中川町
所在地 長崎県長崎市新大工町71番地先
駅番号 40
所属事業者 長崎電気軌道
所属路線 蛍茶屋支線(□2号系統3号系統4号系統5号系統
キロ程 1.5km(西浜町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,700人/日
-2015年-
開業年月日 1934年(昭和9年)12月20日
テンプレートを表示

新大工町停留場(しんだいくまちていりゅうじょう、新大工町電停)は、長崎県長崎市新大工町にある長崎電気軌道蛍茶屋支線の路面電車停留場2号系統3号系統4号系統5号系統が停車する。

歴史[編集]

新大工町停留場は1934年(昭和9年)12月に開業した[1]馬町 - 蛍茶屋間の開通と同日のことである[2][3]

  • 1934年(昭和9年)12月20日 - 開業[2]
  • 1962年(昭和37年)7月8日 - 蛍茶屋車庫から360形電車363号が逸走し、当停留場に停車していた365号に追突する事故が発生[4]、12人が死傷[5]。363号・365号はともに大破したものの、導入間もない新車だったため修理され復活した[6]

構造[編集]

新大工町停留場は併用軌道区間にあり、道路上にホームが置かれる[7][8]。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟んで向かい合わせになっている(相対式ホーム[7][8]。線路の北側にあるのが蛍茶屋方面行きのホーム、南側にあるのが西浜町長崎駅前方面行きのホーム[7][8]。ホームには横断歩道橋が接続していて、出入りにはこれを使用する[6][9]。歩道橋の一端は停留場の脇にある長崎玉屋の2階に、もう一端は立体駐車場につながっている[1]

蛍茶屋方には渡り線が設置されているが、使用されることはほとんどない[6]

利用状況[編集]

長崎電軌の調査によると1日の乗降客数は以下の通り。

  • 1998年 - 5,970人[1]
  • 2015年 - 3,700人[10]

周辺[編集]

新大工町には商店街が広がる[6]。また諏訪神社の門前町としての性格をもつ街でもある[6]

隣の停留場[編集]

長崎電気軌道
蛍茶屋支線(2号系統・3号系統・4号系統・5号系統)
諏訪神社前停留場 - 新大工町停留場 - 新中川町停留場
  • 1944年(昭和19年)までは隣の新中川町停留場との間に桜馬場町停留場が存在した[2][11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 田栗 & 宮川 2000, pp. 74–75.
  2. ^ a b c 今尾 2009, p. 58.
  3. ^ 100年史, p. 129.
  4. ^ 100年史, p. 139.
  5. ^ 田栗 & 宮川 2000, p. 195.
  6. ^ a b c d e 田栗 2005, p. 85.
  7. ^ a b c 100年史, p. 130.
  8. ^ a b c 川島 2013, p. 48.
  9. ^ 川島 2007, p. 122.
  10. ^ 100年史, p. 125.
  11. ^ 100年史, p. 126.

参考文献[編集]

関連項目[編集]