大森静佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大森 静佳
おおもり しずか
誕生 (1989-05-11) 1989年5月11日(33歳)
日本の旗 日本 岡山県岡山市
職業 歌人
言語 日本語
最終学歴 京都大学文学部
ジャンル 短歌
主な受賞歴 角川短歌賞(2010年)
現代歌人集会賞(2013年)
日本歌人クラブ新人賞(2014年)
現代歌人協会賞(2014年)
日本一行詩大賞(2019年)
デビュー作 『てのひらを燃やす』(2013年)
配偶者 土岐友浩
親族 大森浩平(弟)
所属
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

大森 静佳(おおもり しずか、1989年5月11日[1] - )は、歌人岡山県出身、京都市在住。「」編集委員。笹井宏之賞選考委員。

経歴[編集]

岡山県立岡山朝日高等学校在学時に短歌に出会い[2]、2年次より「毎日歌壇」への投稿を始める。高校3年時に毎日歌壇賞を受賞[3]京都大学文学部入学と同時に京都大学短歌会に入会、のちに同会代表を務める。

大学在学中の2010年に作品「硝子」50首で第56回角川短歌賞受賞。2013年、第1歌集『てのひらを燃やす』を刊行し、第39回現代歌人集会賞受賞。翌2014年、同歌集で第20回日本歌人クラブ新人賞[4]、第58回現代歌人協会賞を受賞。なおいずれの賞でも史上初の平成生まれの受賞者である。2018年、第2歌集『カミーユ』を刊行、同書で第12回日本一行詩大賞を受賞(2019年)。2018年より笹井宏之賞の選考委員に就任[5]。2021年度NHK短歌選者[6]

スーパーリアリズム鉛筆画家・大森浩平は実弟[7]。夫は精神科医の土岐友浩

著書[編集]

単著[編集]

歌集[編集]

  • 『てのひらを燃やす』2013年5月25日、角川学芸出版ISBN 978-4-04652-727-1
  • 『カミーユ』2018年5月15日、書肆侃侃房ISBN 978-4-86385-315-7
  • 『ヘクタール』2022年7月27日、文藝春秋ISBN 978-4-16-391573-9

評論集[編集]

アンソロジー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『短歌研究 2014年12月号(2015短歌年鑑)』(短歌研究社、2014年)巻末「歌壇名簿」より
  2. ^ 短歌ワークショップ「31文字の私に出会う」講師:大森静佳(歌人)
  3. ^ 京都大学新聞社/Kyoto University Press >> 大森静佳 京大短歌代表 「瞬間を切り取り、時間のふくらみを詠む」(2010.10.01)
  4. ^ ~ 平成26年度日本歌人クラブ各賞 ~
  5. ^ 『ねむらない樹 vol.2』書肆侃侃房、2019年2月1日、27頁。ISBN 978-4-86385-353-9 
  6. ^ 日本放送協会, NHK短歌 - NHK, https://www.nhk.jp/p/ts/JM12GR5RLP/ 2021年3月31日閲覧。 
  7. ^ 制作200時間の超現実派鉛筆画。22歳の天才作者に海外も瞠目”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2020年3月14日). 2020年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]