佐藤弓生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 弓生(さとう ゆみお、女性、1964年2月15日 - )は、日本の歌人翻訳家石川県金沢市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。夫は作家・評論家の高原英理井辻朱美の影響により作歌を始め、1998年より歌誌「かばん」所属。

2001年、作品「眼鏡屋は夕ぐれのため」50首で第47回角川短歌賞受賞。幻想的な作風。

著書[編集]

  • 第1詩集 『月的現象』 沖積舎 1990
  • 第2詩集 『新集・月的現象』 沖積舎 1991
  • 第1歌集 『世界が海におおわれるまで』 沖積舎 2001
  • 第3詩集 『アクリリックサマー』 沖積舎 2001
  • 第2歌集 『眼鏡屋は夕ぐれのため』 角川書店 2006(21世紀歌人シリーズ)
  • 第3歌集 『薄い街』 沖積舎 2010
  • 『うたう百物語 Strange Short Songs』 メディアファクトリー 2012(幽ブックス
  • 『怪談短歌入門 怖いお話、歌いましょ』 東直子石川美南共著 メディアファクトリー 2013
  • 『子ども歌人になる! 短歌はこうつくる』 木谷紗知子・工藤順一共著 合同出版 2014
  • 第4歌集 『モーヴ色のあめふる』 書肆侃侃房 2015(現代歌人シリーズ4)
  • 『短歌タイムカプセル』東直子千葉聡共編著  書肆侃侃房 2018

訳書[編集]

外部リンク[編集]