幽ブックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

幽ブックス(ゆうブックス、幽BOOKS)は、株式会社KADOKAWAが発行しているレーベル。編集は同社のブランドカンパニーの1つである角川書店が担当している[1]。怪談文芸誌『』が母体となっている。監修統括は東雅夫が務めている[2]。児童書から長編小説、短編集、実話系怪談集、古典の復刻、翻訳まで、幅広く怪談に関する本を出版している。小説作品の作風は、ファンタスティックなものもあれば、純文学的ものや怪奇小説的要素の強いものなど様々であり、怪談という枠組みの中で、それぞれの著者が才能を発揮している。『幽』文学賞受賞作品も本レーベルに収録されている。文庫化時にはMF文庫ダ・ヴィンチに収録される場合が多い。2013年9月までは発行・編集ともにメディアファクトリーが行っていたが、2013年10月、発行元が株式会社KADOKAWAへ移行した[3]。2014年10月、編集担当が角川書店に移行する[1]

刊行リスト[編集]

タイトル 著者 備考
あちん 雀野日名子 第2回『幽』怪談文学賞大賞受賞作
美しい果実 唐瓜直 第9回『幽』文学賞短編部門大賞受賞作
営繕かるかや怪異譚 小野不由美
お咒い日和 その解説と実際 加門七海
怪獣文藝 東雅夫
怪談を書く怪談 加門七海
怪談狩り 中山市朗
怪談狩り 赤い顔 中山市朗
消えてなくなっても 椰月美智子
鬼談 京極夏彦
鬼談百景 小野不由美
獣王 黒史郎
眩談 京極夏彦
恋地獄 花房観音
ゴーストハントシリーズ 小野不由美 悪霊シリーズリライト新装版
七面坂心中 水沫流人 第1回『幽』怪談文学賞長編部門優秀賞受賞作
心霊づきあい 11人の作法 加門七海
そこはかさん 沙木とも子 第8回『幽』怪談文学賞短編部門大賞受賞作
血で描く 唐沢俊一
常夜 石川緑 第8回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞作
隣之怪 蔵の中 木原浩勝
隣之怪 木守り 木原浩勝
隣之怪 病の間 木原浩勝
晴れ女の耳 東直子
深泥丘奇談 綾辻行人
深泥丘奇談・続 綾辻行人
冥談 京極夏彦
山白朝子短篇集 死者のための音楽 山白朝子
山の霊異記 赤いヤッケの男 安曇潤平
山の霊異記 黒い遭難碑 安曇潤平
山の霊異記 ヒュッテは夜嗤う 安曇潤平
遊郭のはなし 長島槇子
幽談 京極夏彦
夜は一緒に散歩しよ 黒史郎 第1回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞作
るんびにの子供 宇佐美まこと 第1回『幽』怪談文学賞短編部門受賞作

幽クラシックスシリーズ[編集]

タイトル 著者 備考
お岩 小山内薫怪談集 東雅夫編
英国幽霊案内 ピーター・アンダーウッド 南條竹則編訳
地獄 英国怪談中篇傑作集 南條竹則編訳
飛騨の怪談 新編・綺堂怪奇名作選 東雅夫編
昭和の怪談実話 ヴィンテージ・コレクション 東雅夫編
大正の怪談実話 ヴィンテージ・コレクション 東雅夫編
明治の怪談実話 ヴィンテージ・コレクション 東雅夫編

こども怪談シリーズ[編集]

タイトル 著者 備考
しんみみぶくろ1 妖怪モノノケBOX 村上健司
しんみみぶくろ2 幽霊屋敷ノート 田中裕
しんみみぶくろ3 狐と狸のバケ合戦 村上健司
しんみみぶくろ4 心霊写真アルバム 田中裕
しんみみぶくろ5 幽霊学級 村上健司
旧怪談 耳袋より 京極夏彦

怪談双書[編集]

タイトル 著者 備考
怪談之怪之怪談 怪談之怪
怪談の学校 怪談之怪
怪談徒然草 加門七海
怪を訊く日々 福澤徹三

脚注[編集]

  1. ^ a b 『幽』『Mei(冥)』からのお知らせ | ダ・ヴィンチニュース
  2. ^ 恭賀新年 : 東雅夫の幻妖ブックブログ
  3. ^ (株)KADOKAWA - マイナビ2016

関連項目[編集]