高原英理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高原 英理(たかはら えいり、1959年 - )は、日本文芸評論家小説家。本名は加藤 幹也。妻は歌人の佐藤弓生

経歴・人物[編集]

三重県桑名市生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。博士(学術)。博士論文は「近代日本文学における少年表象による憧憬の価値構成」(2003年)。指導教官は井口時男[1]

1985年、小説「少女のための鏖殺作法」にて第1回幻想文学新人賞受賞(本名名義)。1996年、評論「語りの事故現場」にて第39回群像新人文学賞評論部門優秀作。この時に高原英理の筆名を用い始める。ゴス文化ゴシック文学についての批評を多く著す。

2001年、秋里光彦の名でホラー小説『闇の司』を発表して作家デビュー。2007年以降、高原英理名義で書き下ろし長編小説を刊行。

著書[編集]

評論[編集]

  • 『少女領域』(国書刊行会、1999)
  • 『無垢の力〈少年〉表象文学論』(講談社、2003)
  • 『ゴシックハート』(講談社、2004)(文庫版:立東舎、2017)
  • 『ゴシックスピリット』(朝日新聞社、2007)
  • 『月光果樹園―美味なる幻想文学案内』(平凡社、2008)

エッセイ集[編集]

  • 『アルケミックな記憶』(アトリエサード: 書苑新社、2015)
  • 『怪談生活』(立東舎、2017)

小説等[編集]

  • 『うさと私』(新風舎、1996)葉月幹人名義
  • 『闇の司』(ハルキ・ホラー文庫、角川春樹事務所、2001)秋里光彦名義
  • 『神野悪五郎只今退散仕る』(毎日新聞社、2007)
  • 『抒情的恐怖群』(毎日新聞社、2009)
  • 『不機嫌な姫とブルックナー団』(講談社、2016)
  • 『歌人紫宮透の短くはるかな生涯』(立東舎、2018)

編著[編集]

  • 『リテラリーゴシック・イン・ジャパン─文学的ゴシック作品選』(ちくま文庫、2014)
  • 『ファイン/キュート素敵かわいい作品選』編(ちくま文庫、2015)

脚注[編集]

外部リンク[編集]