大日本帝国憲法第72条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大日本帝国憲法第72条は、第6章にある、会計検査院に関する規定である。

この内容を基に1889年に会計検査院法が制定された。

原文[編集]

  1. 国家ノ歳出歳入ノ決算ハ会計検査院之ヲ検査確定シ政府ハ其ノ検査報告ト倶ニ之ヲ帝国議会ニ提出スヘシ
  2. 会計検査院ノ組織及職権ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム

現代風の表記[編集]

  1. 国家の歳入歳出の決算は、会計検査院がこれを検査確定し、政府は、その検査報告とともにこれを帝国議会に提出しなければならない。
  2. 会計検査院の組織及び職権は、法律でこれを定める。

参考資料[編集]

国立国会図書館 大日本帝国憲法