大日本帝国憲法第12条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大日本帝国憲法第12条は、大日本帝国憲法第1章にある、天皇大権の一つであるの編制大権を規定した条項である。

この条文等の解釈を巡って、ロンドン海軍軍縮会議の際に、いわゆる統帥権干犯問題が起こった。

原文[編集]

天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム

現代風の表記[編集]

天皇は、陸海軍の編制及び常備兵額を定める。

関連条文[編集]

関連項目[編集]