大日本帝国憲法第53条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大日本帝国憲法第53条は、大日本帝国憲法第3章にある、帝国議会に関する規定である。

原文[編集]

  • 両議院ノ議員ハ現行犯罪又ハ内乱外患ニ関ル罪ヲ除ク外会期中其ノ院ノ許諾ナクシテ逮捕セラル丶コトナシ[1]

現代風の表記[編集]

  • 両議院の議員は、現行犯罪又は内乱外患に関する罪を除くほか、会期中その議院の許諾なくして逮捕されない。

解説[編集]

衆議院及び貴族院議員の不逮捕特権について言及した条文である。

1943年の中野正剛事件では、予審判事は伊藤博文憲法義解は「会期中とは召集後」となり、議会開会には至っていないものの召集はされているために既に会期に入っているとして憲法第53条を適用して中野の釈放を命じた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『法令全書』

参考文献[編集]

関連項目[編集]