塚本勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塚本 勲
人物情報
生誕 (1934-07-30) 1934年7月30日
日本の旗 日本大阪府
出身校 京都大学
学問
研究分野 言語学(朝鮮語)
研究機関 大阪外国語大学
テンプレートを表示

塚本 勲(つかもと いさお、1934年7月30日[1] - )は、日本朝鮮語学者・翻訳家。元大阪外国語大学教授。

経歴[編集]

1934年、大阪府生まれ[2]大阪府立天王寺高等学校を卒業して京都大学文学部言語学科へ入学する。同大学大学院を経て1963年に大阪外国語大学講師となり、以後30年以上にわたって同大学で教鞭を執った。2000年に定年退官[2]

日本における朝鮮語教育の先駆者である。大阪外国語大学国公立大学として初めて朝鮮語学科が創設された1963年から同学科において朝鮮語研究・教育に携わった[2]

代表的な業績として、『ユンボギの日記』(翻訳)、『朝鮮語大辞典』(編纂[2]、収録語彙数では最大の朝-日辞典[3])。

著作[編集]

  • 『朝鮮語入門』岩波書店 1983
  • 『朝鮮語を考える』白帝社 2001
  • 『日本語と朝鮮語の起源』白帝社 2006

共著[編集]

  • 『速修朝鮮語会話』北嶋静江共著 金星堂 1978
  • 『旅行者のための朝鮮語会話』金静子共著 創元社 1988
  • 『新しい朝鮮語』奥田一広共著 白帝社  1989
  • 『入門者のための朝鮮語講座』長谷川由起子共著 白帝社 1998
  • 『朝鮮語大辞典』大阪外国語大学朝鮮語教室編(責任編集者)角川書店、1986

翻訳[編集]

  • 李潤福『ユンボギの日記 あの空にも悲しみが』太平出版社 1965年
  • イ・ユンボック『あの空にも悲しみが 完訳ユンボギの日記』評言社 2006年 ISBN 482820508X
  • 李潤福, 許英燮『ユンボギが逝って 青年ユンボギと遺稿集』金容権共訳 白帝社 1993

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.329
  2. ^ a b c d e 塚本文庫”. 大阪府立図書館. 2014年7月25日閲覧。
  3. ^ 朝鮮語の辞典案内 (PDF)五十嵐孔一、2012年2月3日閲覧)

参考文献[編集]

  • 大阪外国語大学70年史編集委員会(編)『大阪外国語大学70年史』1992年、大阪外国語大学70年史刊行会

外部リンク[編集]