国民軍 (中華民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国民軍(こくみんぐん)は、中華民国に存在した軍事組織。

概要[編集]

北京政変と勢力拡大[編集]

馮玉祥

北京政府直隷派の有力軍人にして西北軍指導者の馮玉祥が結成した軍事組織である。1924年民国13年)10月、第2次奉直戦争の最中に馮は北京政変(首都革命)を起こし、直隷派の中華民国大総統曹錕を捕縛して、北京を掌握する。

10月25日、馮玉祥は電文を発し、中華民国国民軍会議の設置、すなわち国民軍の組織を宣言した。国民軍総司令兼第1軍軍長は馮、副司令兼第2軍軍長は胡景翼、副司令兼第3軍軍長は孫岳という構成となっている。12月12日、馮は国民軍の名義を廃止したが、一般にはその後も馮の軍は「国民軍」と呼び習わされた[1]

1925年(民国14年)1月4日、馮玉祥は西北辺防督弁に就任し、北京・熱河省察哈爾省綏遠省甘粛省などを支配した。これにより国民軍第1軍は「西北軍」とも呼ばれている[1]

胡景翼率いる国民軍第2軍は、直隷派の呉佩孚を撃破して河南省に入る。1925年2月、陝西督軍劉鎮華とその部下が河南省支配を狙って進軍し、胡はこれとも戦う(「之戦」)。4月2日、胡はを自決に追い込んで勝利したが、同月10日には、胡も突然病に倒れて死去してしまった。そのため、第2軍第2師師長岳維峻が第2軍軍長に昇格している。

11月23日、馮玉祥と手を結んでいた東北陸軍(奉天派)第6師師長郭松齢は、張作霖打倒を唱えて蜂起し、30日には自軍を東北国民軍に改組した。しかし、張の反撃を受けて郭は敗北、処刑されてしまう。東北国民軍第5軍軍長魏益三は馮玉祥に合流し、その軍は国民軍第4軍と称された[2]。翌1926年(民国15年)1月18日には、直魯聯軍第24師師長方振武が国民軍に転じ、その軍は国民軍第5軍と称されている[2]

馮の下野と南口大戦[編集]

張之江

1926年になると、馮玉祥は郭松齢の敗死に加え、「赤化」批判も受けることになり、同年1月に一時下野を余儀なくされてソ連に出奔する事態となった。そのため、馮配下の「五虎将[3]の1人である張之江が、後任の西北辺防督弁として、国民軍を率いることになる。張をはじめとして、同じく五虎将の鹿鍾麟宋哲元鄭金声らも優れた軍指揮官であった。

1926年(民国15年)4月からの南口大戦において張之江率いる国民軍は、馮玉祥不在の中でありながらも、圧倒的優勢な北方各派連合軍を相手に善戦している。8月、ついに綏遠方面への撤退を余儀なくされたものの、国民軍という組織自体の崩壊は免れ、また、北伐を開始した中国国民党にとっても大きな援護射撃となった。

9月、馮玉祥は自軍に復帰し、五原誓師を行った。これにより国民軍は国民聯軍に改組され、全軍が国民党に加入している。翌年には、さらに国民革命軍第2集団軍に改組された。

国民軍の編制[編集]

国民軍第1軍[編集]

1924年10月 - 12月[編集]

4個師、4個混成旅等により構成され、総兵力は9万人[4]

国民軍総司令兼第1軍軍長 馮玉祥

国民軍参謀長 劉驥
第1師師長 鹿鍾麟
第2師師長 劉郁芬
第3師師長 鄭金声
第11師師長[5] 宋哲元
察哈爾都統 張之江(1924年11月18日任命)

1925年1月 - 1926年3月[編集]

12個歩兵師、2個騎兵師、衛隊1個旅、砲兵2個旅で構成され、総兵力は15万人[1]。1926年1月、馮玉祥下野に伴い、張之江が国民軍第1軍を率いることになった。

西北辺防督弁
馮玉祥(1925年1月4日 - 1926年1月10日)→張之江(1926年1月10日 - 9月)

西北辺防会弁 馬福祥
参謀長 劉驥(後に曹浩森
第1師師長 韓復
第2師師長 孫良誠
第3師師長 陳希聖
第4師師長[6] 麟閣
第5師師長 石敬亭(後に陳毓耀)
第6師師長 石友三
第7師師長 馬鴻逵
第8師師長 譚慶林
第9師師長 唐之道
第10師師長 劉汝明
第12師師長 蒋鴻遇
第13師師長 張維璽
騎兵第1師師長 張樹声
騎兵第2師師長 孫連仲
京畿警衛司令 鹿鍾麟
察哈爾都統 張之江
綏遠都統 李鳴鐘(1925年1月4日 - 1926年1月9日)→劉郁芬(1926年1月9日 - )
熱河都統 宋哲元 (1925年12月4日 - 1926年4月5日)
甘粛督弁[7] 馮玉祥(1925年8月 - 1926年1月9日)→李鳴鐘(1926年1月9日 - )

1926年4月 - 9月[編集]

1926年4月15日に、南口に撤退した時点で軍を再編した。9個軍と2個騎兵集団を擁し、総兵力は約20万人[8]

国民軍総司令兼西北辺防司令 張之江

参謀長 曹浩森
東路軍総司令 鹿鍾麟
第1軍軍長兼前方総指揮 鄭金声
第2軍軍長 方振武
第4軍軍長 徐永昌
第9軍軍長 王鎮淮
西路軍総司令 宋哲元
第5軍軍長 石敬亭
第6軍軍長 石友三
第8軍軍長 韓復
騎兵第1集団総指揮 趙守鈺
騎兵第2集団総指揮 楊兆麟
総予備隊総指揮 蒋鴻遇
駐甘司令 劉郁芬

国民軍第2軍[編集]

1924年10月 - 1925年3月[編集]

当初は3個師を統轄し、1925年1月に6個師に増強。3個混成旅とあわせて約3万人[9]

国民軍副総司令兼第2軍軍長 胡景翼

第1師師長 胡景翼(代理 胡景銓
第2師師長 岳維峻
第3師師長 田玉潔
第4師師長 陳文
第5師師長 王為蔚
第6師師長 樊鍾秀〔就任せず〕

1925年4月 - 1926年9月[編集]

1925年4月10日、胡景翼が病没したため、岳維峻がその地位を後継した。同年夏、11個師・18個混成旅・2個騎兵旅・独立砲兵13個団・歩兵6個団・12個補充団・騎兵1個団とあわせて総兵力20万人にまで拡充している。しかし翌年3月、直奉聯軍との戦いに敗れて岳が捕虜とされ、国民軍第2軍は崩壊した[9]

第2軍軍長 岳維峻

第1師師長 胡景銓
第2師師長 岳維峻
第3師師長 田文潔
第4師師長 陳文
第5師師長 王為蔚
第6師師長 樊鍾秀〔就任せず〕
第7師師長 瑜(宝珊
第8師師長 馮毓東
第9師師長 李紀才
第10師師長 李雲竜
第11師師長 蒋世杰

国民軍第2軍附属部隊

毅軍総司令 米振標
建国豫軍総司令 樊鍾秀

国民軍第3軍[編集]

孫岳率いる中央陸軍第15混成旅を母体とした。当初は徐永昌、炳勲の2個団のみの統轄であったが、国民軍結成後に拡充し、2個師、4個混成旅で構成される総兵力約7万人となった。1926年3月、第3軍は直魯聯軍に敗北し、また孫岳も病に倒れてしまう。残軍は徐永昌らが率いて第1軍と合流している[10]
国民軍副司令兼第3軍軍長 孫岳

副軍長
参謀長 劉汝賢
中央暫編第4師師長 何遂
第2師師長 葉(後任に孫魁元)

東北国民軍(国民軍第4軍)[編集]

上述の通り、東北国民軍は郭松齢が東北陸軍第6師を改組して結成した軍である。5個軍、約7万人。郭敗死後の1926年1月、第5軍軍長魏益三が馮玉祥に合流し、国民軍第4軍と称された。しかし同年3月に国民軍が敗戦した際に、魏は国民軍を離れて「正義軍」を自称し、後に呉佩孚に投降した[11]
東北国民軍軍長 郭松齢

参謀長 鄒作華
第1軍軍長 劉振東
第2軍軍長 劉偉
第3軍軍長 范浦江
第4軍軍長 霽雲
第5軍軍長 魏益三

国民軍第5軍[編集]

上述の通り、方振武が直魯聯軍第24師を改組して結成したものである。ただし元々は1個師であるため、3個旅を統轄しているにすぎない。第1軍に合流して南口大戦などでも戦い、後に五原誓師にも加わった[2]
第5軍軍長兼第1旅旅長 方振武

[編集]

  1. ^ a b c 郭卿友主編『中華民国時期軍政職官誌 上』403頁。
  2. ^ a b c 郭同上、408頁。
  3. ^ 張之江・鹿鍾麟・宋哲元・鄭金声・劉郁芬の5人の国民軍幹部を指す。
  4. ^ 郭402頁。
  5. ^ 旧中央陸軍第11師。後に第4師と改称
  6. ^ 当初は第11師だったが、後に番号を改められた。
  7. ^ いずれも劉郁芬代理
  8. ^ 郭405頁。
  9. ^ a b 郭406頁。
  10. ^ 郭407頁
  11. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』2690頁による。一方、郭408頁によると、山西閻錫山に降伏し、第4軍は崩壊した、とのことである。

参考文献[編集]

  • 郭卿友主編 『中華民国時期軍政職官誌 上』 甘粛人民出版社、1990年ISBN 7-226-00582-4

関連記事[編集]