新疆派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新疆派(しんきょうは)とは、中華民国時代に新疆省を支配していた軍閥。他の軍閥とは異なり、新疆派の指導者はほぼ省外出身の人物によって占められていた。

概要[編集]

1911年辛亥革命時、新疆でも革命派が反乱を起こし、新疆巡撫袁大化は迪化(ウルムチ)から逃亡した。だが彼から後任都督に推薦された楊増新が反乱を鎮圧、指導者としての地位を確立した。彼は数少ない袁世凱の皇帝就任を支持した一人であった。その後護国戦争中に雲南派の指導者蔡鍔に近い士官を追放、袁世凱の死後は北京政府や動乱から新疆を遠ざけ、孤立、中立政策を維持した。この時軍事的·政治的役職を歴任した馬福興馬紹武は、両者とも回族であった。

楊増新は1928年南京国民党政府からも新疆省長と認められたが、直後に樊耀南によって暗殺された。後には甘粛省出身の金樹仁が実権を握ったが、彼の圧制に対して1931年イスラム教徒が反乱を起こし、また馬家軍馬仲英がこれを支持して新疆に侵入した。様々なグループが金樹仁に反旗を翻し、彼は第1次東トルキスタン共和国を含む反乱勢力と戦闘を繰り返した。

金樹仁は1933年満州出身の盛世才によって追放された。盛世才は当初楊増新や金樹仁の配下ではなく、郭松齢の士官であり、郭松齢と共に国民軍に亡命していた。彼は1930年後半に新疆省臨時督弁に推挙されたが、内乱の収まらない国民党に痺れを切らした盛世才は、1934年ソビエト連邦に接近した。ソ連の支援をうけた盛世才は1937年馬虎山に勝利し、ソ連の保護下となった新疆は共産党にとって安全な地帯となった。

1941年バルバロッサ作戦の報を受けた盛世才は国民党に寝返る事を決め、ソ連と共産党の顧問を追放した。だが蒋介石は、スターリンと交渉しようとした盛世才を信頼せずに1944年彼を退位させて直接統治を実行し、新疆派の統治は終焉を迎えた。だが国民党の直接統治もうまくはいかず、その後発生した第2次東トルキスタン共和国建国の勢いを止める事はできなかった。