金樹仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金樹仁
Jin Shuren.jpg
プロフィール
出生: 1879年光緒5年)
死去: 1941年民国30年)9月12日
中華民国の旗 中華民国甘粛省蘭州
出身地: 清の旗 甘粛省蘭州府河州
職業: 政治家
各種表記
繁体字 金樹仁
簡体字 金树仁
拼音 Jīn Shùrén
和名表記: きん じゅじん
発音転記: ジン シューレン
ラテン字 Chin Shu-jen
テンプレートを表示

金 樹仁(きん じゅじん)は、中華民国新疆の政治家。徳庵

金樹仁は、1879年甘粛省で生まれた。1914年に新疆に赴任し、楊増新政権にて地方長官を歴任、1926年には政務庁長に就任した。1928年に楊増新が部下の樊耀南に暗殺されると、樊耀南を逮捕し、新疆省の実権を掌握。同年11月17日国民政府から正式に新疆省政府主席に任命された。

金樹仁の5年間の新疆統治は腐敗と圧制に特徴付けられ、楊増新体制下で注意深く抑制されていた民族、宗教間の紛争が一気に噴出した。金は、漢人官吏を重用する一方、屠畜税の導入やメッカ巡礼の禁止により、ムスリム住民の反感を買っただけでなく、清朝時代以来、ハミで自治権を与えられていたムスリムの郡王家を廃止(改土帰流)するなど、現地民エリートからも反発を招いた。

ハミの改土帰流問題に反発した、ハミのムスリム住民はホージャ・ニヤズを中心に1931年に反乱を起こし、甘粛省の軍閥指導者であった回族馬仲英に支援を要請した。馬仲英の介入に触発されて、トゥルファンホータンでもムスリムによる反乱が発生した。

反乱の最中、1933年4月12日に、省政府傘下の白系ロシア人部隊と漢人官吏によるクーデタが発生し、教育庁長の劉文龍を省政府臨時主席に据えた。失脚した金樹仁は軍事力による権力奪還を図ったが、盛世才の反乱によりタルバガタイに撤退し、ソ連への亡命を余儀なくされた。その後、シベリア経由で南京に戻ったが、国民党政府で活動していたアルプテキンらに告発され、入獄。1935年に釈放されて、故郷甘粛省の蘭州に居住した。

参考文献[編集]

  • 小松久男編『中央ユーラシア史』山川出版社 2000年(ISBN 978-4634413405
  • 新免康「金樹仁」『中央ユーラシアを知る事典』平凡社 2005年 (ISBN 978-4582126365)
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年
 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
楊増新
新疆省政府主席
1928年11月 - 1933年5月
次代:
劉文竜