雲南派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1925年の中国。水色が雲南派の支配地域

雲南派(うんなんは・)とは、中華民国時代における南方軍閥の1つ。代表人物として唐継尭竜雲などがおり、その勢力圏は雲南省貴州省四川省地区に及んだ。

概要[編集]

蔡鍔の時代[編集]

軍は清朝末の第19軍が元になっており、蔡鍔李根源唐継尭らは、1911年10月10日武昌起義辛亥革命)が勃発すると、軍の主導権を掌握し、挙兵。10月30日、蔡鍔らは昆明で挙兵し、雲貴総督李経羲を捕虜として雲南省を掌握した(重九起義)。11月1日、「大中華国雲南軍都督府」が設立されると、蔡鍔は雲南都督に推戴された。蔡鍔は直ちに、雲南の軍事・政治の改革に取り組む。その清廉にして果断な政治姿勢により、省政の面目を一新したため、省を混乱させることなく、人心掌握に成功した。

1913年7月、二次革命(第二革命)が勃発すると、蔡鍔は袁世凱を支持した。10月に蔡鍔が袁世凱によって北京に迎えられると、唐継尭が雲南都督を引き継ぎ、軍を掌握した。1915年に蔡鍔は袁世凱の帝政に反発し、北京を脱出した。そして、唐継尭らとともに12月25日に雲南省の独立を宣言し、護国戦争が勃発した。同戦争は反袁世凱派に有利に進んだが、蔡鍔は1916年に結核をわずらい、11月8日に治療のため訪れていた日本で死去した。

唐継尭の時代[編集]

第三革命(護国戦争)後期においては、唐継尭は大幅な軍拡を実施し、四川に勢力を広げ、1917年4月に至る8ヶ月間、四川の劉存厚の軍隊と成都資陽内江などで何度も衝突した。同年7月に段祺瑞が国務大臣復帰後に、中華民国臨時暫定憲法を回復することを拒絶、唐継尭は孫文の掲げた護法旗幟の名を利用して軍拡を実行し、軍で靖国(国家安泰)を目指した。12月には貴州の袁祖銘と四川の熊克武と共同して、川黔(四川、雲南、貴州の略称)靖国連合軍総司令官になった。

1918年2月には成都に入城し、四川を再占領。同時に、陝西湖南福建などの軍閥首領に「靖国」を呼びかけることで、唐継尭は四川、雲南、貴州、湖北河南、陝西、湖南、福建の8省の連合軍総司令官を自称し、雲南派軍閥の威信は頂点に達した。同時に、旧広西派(旧桂系)と直隷派(直系)軍閥と結託して北伐計画を頓挫させ、広州の護法軍人政府を改変し、孫文を広東から追放した。

1921年2月、唐継尭は駐川軍(駐四川雲南軍)第1軍長顧品珍の裏切りに遭い、香港に逃れた。1922年春、彼は以前の部下と雲南の土匪を買収して顧品珍を奇襲して射殺し、権力の座を取り戻した。

顧品珍の部隊の大部分は張開儒が率いて貴州を通じて広西に入り、後に楊希閔が率いて、広東の陳炯明追放に参加した。しかし彼らは人民を圧搾し、唐継尭などの軍閥と結託して広州革命政権の奪取を企みたため、1925年6月の武装反乱で、広東革命軍に消滅させられた。

唐継尭は雲南に帰った後に民治を吹聴して民衆を欺き、また民治党を組織して自分の思うがままにした。また貴州に軍隊を派遣して軍事のコントロールと経済的搾取を行い、他の省に支配を拡張することを図った。1925年に孫文が逝去後、広東・広西地盤を占領することを企んだが、国民革命軍の北伐の成功に従って、1927年2月に軍の将校の竜雲胡若愚盧漢などの政変に遭い唐継尭は失脚、民治党は解散させられた。

竜雲の時代[編集]

日中戦争(抗日戦争)の際の米国陸軍士官との歓談。左から1番目の軍人が竜雲。中央の文民の服装をしている人物は繆雲台

竜雲は、国民党政府の下に再編成された雲南省において自治を得て、近代化を進め成功させた。日中戦争時には、抗日統一戦線を支持し、軍20数万を派遣、日中戦争勝利に多大な貢献をした。しかし、日中戦争の終了後、竜雲は「雲南モンロー主義」を主張して蒋介石と対立し、雲南省から追放された。竜雲の後継は盧漢が継いだが、程なく雲南派の軍閥統治は終焉を迎えた。

関連項目[編集]