鄒作華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Who's Who in China Suppl. to 4th ed. (1933)

鄒 作華(すう さくか、繁体字: 鄒作華; 簡体字: 邹作华; ピン音: Zōu Zuòhuá; ウェード式: Tsou Tso-hua1894年5月11日光緒20年4月初7日) - 1973年民国62年)11月7日)は、中華民国台湾)の軍人・政治家。東北陸軍(奉天派)出身で砲兵を専門とする。後に国民革命軍に属した。岳楼吉林将軍管轄区吉林府(現在の永吉県)の人。

事績[編集]

奉天派での台頭[編集]

初めは吉林優級師範附属高等小学で学んだが、1908年光緒34年)に吉林陸軍小学へ入学し、1914年民国3年)には陸軍第一予備学校に進学した。1916年(民国5年)、鄒作華は保定陸軍軍官学校に進学し、留学生予備隊に編入される。翌1917年(民国6年)に日本へ留学、久留米市野砲兵第24連隊で実習に従事し、陸軍士官学校第12期砲兵科で学んだ。卒業後の1919年に帰国、段祺瑞率いる参戦軍の教導団に所属、後に砲兵教官を務める。同年10月に東三省巡閲使衛隊混成団参謀となり、これ以降は奉天派に属した。[1][2]

1922年(民国11年)11月、鄒作華は東三省陸軍砲兵第4団団長に就任、1925年(民国14年)には砲兵第1旅旅長に昇進している。同年11月、郭松齢張作霖に反旗を翻して東北国民軍を結成すると、鄒は総司令部参謀長に起用されたが、郭敗死後は赦されて張配下に戻った。1926年(民国15年)、奉天派の砲兵総司令となり、翌1927年(民国16年)には砲兵軍軍長を務める。北京政府中国国民党の北伐軍に敗北すると、鄒も東北に戻り、興安区屯墾督弁に任ぜられた。張学良国民政府易幟すると、鄒もこれに追随している。[1][2]

国民政府での活動[編集]

1930年(民国19年)1月、鄒作華は青天白日勲章などを授与された。1933年(民国22年)5月、国民政府軍事委員会北平分会委員に任命される。翌1934年(民国23年)9月には陸軍砲兵学校校長に転任、まもなく同校教育長として実務に当たった。1935年(民国24年)4月、陸軍少将銜を授与される。日中戦争(抗日戦争)が勃発すると、全国砲兵総指揮に任命された。1940年(民国29年)、軍事委員会砲兵総指揮に改組され、同年5月には吉林省政府主席に任ぜられたが、名目のみで実際に省政府は組織されなかった。[3]1943年(民国32年) 12月、国民政府参軍処参軍に任命され、1945年(民国34年)5月には国民党第6期中央執行委員候補に選出されている。[1][2]

日中戦争終結後の1945年(民国34年)9月、鄒作華は東北行営政治委員会委員に任命され、1947年(民国36年)10月、国民政府主席東北行轅政治委員会常務委員となった。同年11月、陸軍二級上将銜を授与される。1948年(民国37年)2月、戦略顧問委員会委員に任命され、同年3月には行憲国民大会代表に選出された。1949年(民国38年)、国民党が内戦に敗北すると鄒も台湾に逃れている。1953年(民国42年)に退役し、以後、総統府国策顧問、光復大陸設計研究委員会中国語版委員を歴任する。国民大会では、1954年(民国43年)2月の第2回会議と1960年(民国49年)2月の第3回会議でいずれも会議主席団主席を務めた。1973年(民国62年)11月7日、台北市にて病没。享年80(満79歳)。[1][2]

[編集]

  1. ^ a b c d 徐主編(2007)、2030頁。
  2. ^ a b c d 劉国銘主編(2005)、1134頁。
  3. ^ 劉寿林ほか編(1995)、959頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編『中国国民党百年人物全書』団結出版社、2005年。ISBN 7-80214-039-0
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
 中華民国の旗 中華民国(国民政府)国民政府
先代:
丁超
吉林省政府主席
1940年5月
次代:
鄭道儒