和気広虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和気広虫像(和気神社)

和気広虫(わけ の ひろむし、天平2年(730年) - 延暦18年1月20日799年3月1日))は、奈良時代女官和気清麻呂の姉。藤野別広虫女とも称される。

従五位下葛木連戸主の妻となるが、その後死別。孝謙上皇に仕えるが、762年天平宝字6年)上皇に従って出家し"法均"と号した。765年天平神護元年)に吉備藤野和気真人のを賜り、768年神護景雲2年)大尼に任じられた。翌年宇佐八幡宮の神託を請うための勅使に任じられたが、この時は病弱で長旅に耐えないことを理由に、弟の和気清麻呂に代行させている。その神託の結果が道鏡の意に反していたことから還俗させられ、弟の清麻呂は別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)と改名させられて大隅国へ、広虫は別部広虫売(わけべのひろむしめ)[1]と改名させられて備後国へ、それぞれ配流に処せられた。770年宝亀元年)に帰洛を許され、従五位下に叙せられた。774年(宝亀5年)清麻呂とともに朝臣の姓を賜り、以後昇任して785年(延暦4年)には従四位上に叙せられている。没後正三位が贈られている。

和気広虫は、孤児の養育に励んだことが伝えられている。

関連事項[編集]

関連作品[編集]

テレビドラマ

参照[編集]

  1. ^ 狭虫(さむし、せまむし)と改名されたという『日本後紀』の記述のほうが広く流布しているが、この事件を含む年代を扱う正史である『続日本紀』では広虫売である。