名和豊春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なわ とよはる
名和 豊春
生誕 (1954-04-11) 1954年4月11日(66歳)
日本の旗北海道 札幌市
研究分野 土木工学
研究機関 秩父セメント
北海道大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

名和 豊春(なわ とよはる、1954年(昭和29年)4月11日 - ) は、日本工学者学位博士(工学)東京工業大学)。専門は建築学土木工学。第19代北海道大学総長日本コンクリート工学会賞、土木学会吉田賞等受賞。

人物・経歴[編集]

北海道札幌市出身。1973年北海道岩見沢東高等学校卒業[1][2]。1977年北海道大学工学部建築工学科卒業。1980年北海道大学大学院工学研究科建築工学専攻修士課程修了、秩父セメント株式会社入社、中央研究所勤務。1992年東京工業大学博士(工学)の学位を取得[3]。博士論文は「分散剤を用いたモルタルの流動性に及ぼすセメントのキャラクターの影響」[4]

1997年北海道大学大学院工学研究科助教授。2004年北海道大学大学院工学研究科教授。2007年独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター研究員。2010年北海道大学教育研究評議会評議員北海道大学大学院工学研究院副研究院長。2014年北海道大学大学院工学研究院長・工学院長・工学部長。2017年北海道大学総長[3]

2018年11月、パワーハラスメントの疑いがあるとして北海道大学学長選考会議(議長:石山喬)が調査委員会を設置[5]。同年12月10日、体調不良を理由に大学を休職。2019年2月に退院したものの、復職を大学当局に拒否された。2019年7月8日、学長選考会議が学長解任に相当とするとの結論を出したことを受け、弁護士を通じてパワーハラスメントを否定するコメントを出した[6][7]。2020年6月29日、同月30日付で文部科学省から国立大学法人法に基づき北海道大学学長を解任する趣旨の通知を受け取ったことを本人が明かした[8]。30日、萩生田光一文部科学大臣から名和の北大学長解任が発表された[9]

受賞[編集]

  • セメント協会論文賞(化学部門) 1989年[10]
  • 日本コンクリート工学協会優秀講演賞 1990年[10]
  • 日本コンクリート工学協会優秀講演賞 1993年[10]
  • セメント協会論文賞(建築部門) 2000年[10]
  • 日本コンクリート工学協会功労賞 2008年[10]
  • 土木学会吉田賞(論文部門) 2009年[10]
  • 土木学会吉田賞(論文部門) 2011年[10]
  • セメント協会論文賞(建築部門) 2011年[10]
  • 北海道開発協会長奨励賞 2011年[10]
  • セメント協会論文賞(化学部門) 2012年[10]
  • セメント協会論文賞(化学部門) 2013年[10]
  • 日本コンクリート工学会賞(論文賞) 2013年[10]
  • セメント協会論文賞(化学部門) 2015年[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 名和 豊春 - Facebook
  2. ^ 「卒業生の岩東祭 - 」 - 東京大地会
  3. ^ a b 総長プロフィール - 北海道大学
  4. ^ 東京工業大学 , 工学博士 , 乙第2306号 , 1992-01-31
  5. ^ “北大学長解任 異例の判断、精査に1年 名和氏と大学側主張対立”. (2020年7月1日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/436003 2020年7月1日閲覧。 
  6. ^ 「パワハラ事実ない」 北大学長が反論コメント”. 日本経済新聞 (2019年7月8日). 2019年7月8日閲覧。
  7. ^ 「各位へ」 - 北海道大学教職員組合
  8. ^ “パワハラ疑いで北大学長解任へ 文科省が通知”. 産経ニュース (産経デジタル). (2020年6月29日). https://www.sankei.com/affairs/news/200629/afr2006290052-n1.html 2020年6月29日閲覧。 
  9. ^ “北大学長を解任 「威圧的な言動」認定―萩生田文科相”. 時事ドットコム (時事通信社). (2020年6月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020063000431&g=pol 2020年6月30日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 「名和豊春」北海道大学