橋口文蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
橋口文蔵

橋口 文蔵(はしぐち ぶんぞう、嘉永6年(1853年) - 明治36年(1903年8月10日)は、明治期の官吏実業家札幌農学校長等を歴任。

経歴[編集]

薩摩国薩摩藩士橋口兼三の長男として生まれる。叔父に樺山資紀橋口伝蔵、いとこに樺山愛輔がいる。

明治5年(1872年)に慶應義塾に入り、卒業後に開拓使に勤務していたが、官費留学生となり明治12年(1879年)にマサチューセッツ農業大学に留学。明治14年(1881年)に帰国したのち農商務省奏任掛から、少書記となる。その後、北海道庁理事官となると、現地で各種の製糖研究と技術普及を行う。更に農場開発にも着手した。

1891年アイヌ民族共有財産を別会社の株券に替えたスキャンダルにて、北海道庁第二部長ならびに札幌農学校校長ともに「非職(諭旨免職)」になる。

札幌農学校長「非職(諭旨免職)」を経て、根本正藤田敏郎等の、墨国(メキシコ)の太平洋沿岸視察が始まると、これに参加し、明治27年(1894年)にメキシコを探検。森鴎外から「大胆そのものの人物」と称された。帰国後に台湾総督府殖産局入局。更に明治29年(1896年)には台北県知事となる。

明治28(1895)年に北海道伊達市大滝区の優徳および北湯沢に農場を拓いたのが旧・大滝村の開拓の始まりと伝えられる。[1]

親族[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843

関連文献[編集]