今裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今裕

今 裕(こん ゆたか、1878年(明治11年)2月7日 - 1954年(昭和29年)2月5日)は、日本医学者医学博士。専門は病理学細菌学

来歴[編集]

青森県弘前出身。1896年明治29年)青森県第一尋常中学校卒。1900年(明治33年)第二高等学校医学部卒。京都帝國大学医学部助手台湾総督府医学校助教授1909年(明治42年)東京慈恵会医学専門学校教授東京歯科医学専門学校教授兼任。1918年(大正7年)北海道帝國大学農学部教授。1919年(大正8年)同医学部教授。1925年(大正14年)同医学部長。1937年(昭和12年)北海道帝國大学総長1941年昭和16年)北海道帝國大学停年退官。同名誉教授1945年(昭和20年)11月30日に総長を依願免本官となり退官[1]。その後、青森県立中央病院初代院長。1949年(昭和24年)学校法人札幌学院大学初代理事長・同理事札幌文科期成会会長 1934年 学士院賞 「細胞の銀反応の研究」

京都帝大時代は片山病、台湾では各種感染症、北海道帝大ではアレルギーの研究に貢献した。[2]

エピソード[編集]

北海道に医学部が無い事を憂い、北大医学部創設に尽力した。1923年(大正12年)には北海道帝国大の大学生監も務める。総長時代には欧米に三度留学する。[3]

主著[編集]

  • 『病理組織写真図譜』1909年
  • 『近世病理學總論』(南山堂書店)
  • 『近世病理解剖學』1913年(南山堂書店)
  • 訳書『ヒポクラテス全集』1931年(岩波書店
  • 武田勝男との共著『内分泌腺の銀反應と組織化學』(南山堂書店)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5670号、昭和20年12月5日。
  2. ^ 泉[2012:267]
  3. ^ 泉[2012:267]によると、台湾時代にドイツに1度、慈恵医専時代に英国、米国に1度である。

参考文献[編集]

  • 『北海道人物・人材情報リスト2004 か-と』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)
  • 泉 孝英『日本近現代 医学人名事典 1868-2011』2012年 医学書院


先代:
-
学校法人札幌学院大学理事長
初代: 1949年 - 1951年
次代:
道家齊次