王文彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 文彩(おう ぶんさい、ワン・ウェンツァイ、 ? - 1932年)は、日本料理人札幌ラーメンの創始者として知られる。

人物[編集]

中国山東省出身とされている[1]。生年不詳である。中国およびシベリアニコラエフスクにて、北京料理の料理人として生活していたが、尼港事件の戦火を避けて来日した[2][3][4]

1922年(大正11年)に、知人の紹介で札幌市北海道大学近くにあった『竹家和食店』を訪れ、店主の大久昌治タツ夫妻と意気投合する[2][3]。やがて『竹家』は中国風卓子料理に献立を改め、王を料理長とする中国料理店『竹家』が誕生する[2][5]。従来の中国料理の他に、中国のラーメンの範疇にはいる『肉絲麺』をメニューにする[2][5]。当初は中国人留学生を主な客としていた『竹家』は、その後日本人の客も増えて繁盛する[6][7]。『ラーメン』の言い方の原点が、この王が活躍した『竹家』であったとの情報もある[8]。子供に優しかった半面、仕事に対してはとても厳しく、厨房には中国人以外は決して入れさせなかった(当時子供だった大久夫妻の長男だけは例外だったという)[9]


その後、王は、『竹家』を去る[6][10]。王が去った『竹家』では、新しい中国人料理人の李宏業李絵堂が、より日本人にあったラーメンを提供するようになる[11][12]。『竹家』を去った王は、食堂の手伝いなどをしていたが、1932年(昭和7年)、札幌の銭湯の2階で亡くなる[6][8]

『竹家』は、1943年に廃業する[6]。しかし、『竹家』で王らが腕をふるって札幌に定着させたラーメンは、『札幌ラーメン』として、今でも受け継がれることとなる。

脚注[編集]

  1. ^ 小菅、69頁。
  2. ^ a b c d 富岡、13 - 14頁。
  3. ^ a b 小菅、67 - 68頁。
  4. ^ 札幌ラーメン事始め - 味車
  5. ^ a b 小菅、69 - 71頁。
  6. ^ a b c d 富岡、14 - 15頁。
  7. ^ 小菅、70 - 74頁。
  8. ^ a b 札幌の味、そのふる里をたずねて-竹家のラーメン - 札幌市北区役所ホームページ
  9. ^ 小菅、74 - 76頁。
  10. ^ 小菅、78頁。
  11. ^ 小菅、78 - 88頁。
  12. ^ 札幌ラーメン 竹家食堂

参考文献[編集]

  • 富岡木之介著 『さっぽろラーメン物語』まんてん社、1977年
  • 小菅桂子著 『にっぽんラーメン物語』講談社、1998年

外部リンク[編集]