名古屋市立保育短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋市立保育短期大学
名古屋市立保育短期大学跡地(2015年4月)
名古屋市立保育短期大学跡地(2015年4月)
大学設置 1953年
創立 1946年
廃止 1997年
学校種別 公立
設置者 名古屋市
本部所在地 愛知県尾張旭市平子町北59
学部 保育科
初等教育科
テンプレートを表示

名古屋市立保育短期大学(なごやしりつほいくたんきだいがく、英語: Nagoya City College of Child Education)は、愛知県尾張旭市平子町北59に本部を置いていた日本公立大学である。1953年に設置され、1997年に廃止された。大学の略称は名保短または保短。学生募集は1995年度まで、1997年3月31日廃止[1]。現在は、名古屋市立大学の一部となっている。ちなみに、短大のキャンパス跡地は現在、尾張旭市が所有しているが、活用方法を検討中である[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 名古屋市立保育短期大学は保育者および児童教育者の養成にちからをいれていた。初等教育科には「学校教育」と「教育情報」の各コースが設けられていた。

学風および特色[編集]

  • 名古屋市立保育短期大学は女子学生を対象とした短大となっていた。
  • 全国の短大入試では、難易度が至って高い方であった(1992年旺文社模擬試験による合格者平均偏差値が保育科で53.2、初等教育科で56.3となっていた[3]。)

沿革[編集]

  • 1946年 名古屋市立保母養成所として開校
  • 1948年 名古屋市立保母専門学園に改称
  • 1953年 名古屋市立保育短期大学開学。保育科の1科のみ。
  • 1964年 キャンパスを移転。
  • 1977年 初等教育科を増設:在学者数は40となっている[4]。 
  • 1995年 学生募集を終了:在学者数は保育科で総定員300に対し310、初等教育科で総定員80に対し88となっている[5]
  • 1996年 名古屋市立大学と統合
  • 1997年3月31日廃止[1]。最終年度の学生総数は保育科で総定員150に対し146、初等教育科で総定員40に対し45となっていた[6]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

象徴[編集]

  • 名古屋市立保育短期大学のカレッジマークはデザイン化されたアルファベットNのなかに、篆刻化された「大学」という文字が縦に記されたものとなっていた。アルファベットの「N」は、経営母体である「名古屋市」(Nagoya)、保育を意味する「Nursely」の頭文字であった[7]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 保育科
  • 初等教育科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 幼児教育研究所[7][3]
  • ふたば園[7]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 名古屋市立保育短期大学で活動していたクラブ活動[3]
    • 体育系:テニスほか
    • 文化系:「児童文化研究会」(「きしゃぽっぽ」という愛称名で活動していた[7])・「合唱」ほか

学園祭[編集]

  • 名古屋市立保育短期大学の学園祭は「保短祭」と呼ばれていた[7]

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパスは名鉄瀬戸線旭前から徒歩でおよそ20分の場所にあった。ちなみに、学生の多くは同駅からスクールバスを利用していたようである。
  • 正門の右手に「名古屋市立保育短期大学」と表記された横長の表札があった。
  • 設備:1985年に完成した「さみどり会館」が設置されていた[3]

学生食堂[編集]

  • 学内に設置されていた。

[編集]

  • 名古屋市立保育短期大学には「あかね寮」と呼ばれる学生寮が、学生食堂付近にあった。

対外関係[編集]

系列校[編集]

http://www.nagoya-cu.ac.jp/jimu/jyouhou/syomei/hakko_annai.html)。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 保育科:保育所や幼稚園への就職者が多かったものとみられる。
  • 初等教育科:小学校や幼稚園の教員に就いた人がいたものとみられる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』250頁
  2. ^ 尾張旭市平成26年度予算の規模及び重点事業の概要 90頁
  3. ^ a b c d 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)144頁
  4. ^ 昭和53年度版『全国学校総覧』35頁より。
  5. ^ 96年度版『全国学校総覧』57頁より。
  6. ^ 97年度版『全国学校総覧』58頁より。
  7. ^ a b c d e f 『五十年史』より
  8. ^ 幼稚園教諭免許だけの取得はシステム上、できないものとなっていた。すなわち、小学校教諭免許と併せて取得しなければならなかった。
  9. ^ 中央出版オンラインより。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]